かてなちお ― 「まもる」をテーマに生活情報から防犯情報まで紹介します。

Top > カテゴリー:未分類 > 

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。毎年9月1日は「防災の日」でして、1923年9月1日の関東大震災に因んで制定されました。1960年に制定されたといいますから、結構な歴史になります。今日ではこれに因んで全国各地で防災訓練が行われる日となっています。天災というのは、予測不可能で人智を超えた自然現象です。

かてなちおもこれに因んで、防災関係の記事をUPしようと思っていたのですが、とんでもない”人災”が起き
ました!9月1日、福田康夫首相が突然の辞任!同日、21時頃に突然の中継が入り、ご覧になった方も多々いらっしゃると思います。問題山積な上、解散総選挙と混迷を迎える時期ですから、しっかりした”頭”を据え直すしたいという与党の総意も分かりますが・・・

fukuda-shyshou.jpg

それにしても、あまりに唐突。それに、混迷を迎える時期だからこそ首相として、率先して導くのが”使命”の
はずではないでしょうか?おそらく、世間一般にそう思われていると思います。思い出すのは、丁度、一年前に安部晋三元首相も、辞任しました。こちらは辞任前に、何となくそうなるだろうと伝わってきましたし、健康上
の理由で辞任されました。とはいえ、百歩譲っても、認められたものではありません。何故なら「首相」だから
です・・・

福田氏の辞任の理由について

「次から次へと、積年の問題が顕在化してきた。体制を整えた上で国会に臨むべき」と述べています。つまり解散総選挙が自分では勝てないと考えたようです。内閣支持率低下を引き合いに出し、そうなった理由について、「参院選で過半数割れとなり、正直、政治資金、年金など積年の問題の処理に忙殺された」と、前政権などから引き継いだ“負の遺産”を口にしつつ「将来を見据えて、誰も手を着けなかった国民目線での改革に着手した」と突然の自画自賛

「辞任はかえって政治的空白を招くのではないか?」と質問が飛ぶと「無責任と言われるが、では全部私がやらなくてはならないのか?」と語気を強め「今が政治空白を作らない一番の時期と考え、ほかの人に託した方がより良いと考えた」と述べ「私がこのまま続けるのと新しい人がやるのとでは、間違いなく違う結果になる」と続け、在任中の国会運営「ねじれ国会」については。民主党に、話し合いを受け付けてもらえず、重要法案に真っ向から反対され、聞く耳持たずということが何回もあり、民主党小沢代表と、胸襟を開いて話し合う機会があればよかったと語っていました。

今後の政権への影響を淡々と語る福田氏に、記者から「人ごとのようだ」と指摘されると

私は自分自身を客観的に見ることができるんです。あなたとは違うんです

と答え、辞任表明を終えています。これは、質の悪いコントでしょうか? 政治屋の”悪ふざけ”、老人の我侭と受け取ればいいのでしょうか?我々は、笑顔を忘れず、厳しくも楽しい生活を知恵を絞って、過ごさなければならないのですが・・・

麻生氏、小池氏、中川氏の「上げ潮派」が盛り返している様を、日々報道していますし、明るい材料といえなくはないでしょう。勿論、個々の政策には魅力的なものも多く、実現されれば世の中に多くの恩恵をもたらすであろうと思われますし、期待を寄せる声も挙がってくるでしょう。しかし、どちらかといえば”お祭り騒ぎ”で具体的で客観的な”報道”とはなりえないのが、今日のマスコミです。一部、真面目な報道もなされますが・・

こうした”バラエテイ的報道”で人気を博し、世論の支持を得るというやり方を与党、自民党は熟知しています。マスコミ寵児となった小泉元首相。世間を散々躍らせた後、我々の暮らしが良くなったでしょうか?混迷を深めているだけだと思います。くどいようですが(笑)かてなちおは「守る」を軸に据いています。間もなくやってくる選挙に向けて皆様が”客観的に見る”一助になればと、今回の騒動を綴ってみたいと思います。

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。いや~暑い!猛暑たけなわといった感じですね~そんな中、京都市北区紫野にある標高112m程度の丘「船岡山」に登ってきました。応仁元年(1467年)に始まる応仁の乱の西軍の城となり、その一帯を「西陣」の名で呼ぶようになりました。その時、造らせた「陣幕」に端を発したのが「西陣織り」の始まりとされています。

木陰で時折吹く風を感じると、大変心地よく涼しげでした。山から町に向かって歩くと段階的に暑さが感じられます。「ヒートアイランド」ですね(笑)少し、自分がいる場所を変えるだけで、随分と違うものだな~と、こうした場所に行く度に感じます。

kaze-wo-kanjiru.jpg  

同じ場所でも、立ち位置を少し変えるだけで、物事が変化する・・う~ん、詩的ですね(笑)誰にでも「変身願」というか、今と違った仕事・生活に憧れる、なんてことはあるかと思います。そういった体験は出来ないものでしょうか?

最近、欧米でこれに近い体験が出来る施設が、大変な人気を博しています。「生きている図書館」といいます。この図書館は読者が様々な職業や嗜好をお持ちの方を「」として借り、約30分、お話を聞けるという、生きた図書館なんです。

読後アンケート”では99%以上が「ほかの人にも勧める」と語っています。どうやら、かなり優れた”良書”のようです(笑)ちょっと面白いなと思いました。同じ「社会」で生活していますが、身をおく「環境」が違うと、こうも違うのか?という、目から鱗の体験ではないでしょうか。

大人になって仕事を持つようになると、自分の仕事以外の人々と”関わり”を持つようになるのは、難しくなってきます。”趣味”の仲間というのもありますが、それも趣味という範疇での出会いであるため、全く違った人達との出会いとは、いい難いと思われます。様々な人から色んな話を聴けるというのは「」ではないでしょうか?

今回は、この図書館を取り上げてみたいと思います。「コミュニケーション不足」と表記されすが、私はこうした事柄に”ヨコモジ”を使うのはどうか?と思っています。画一的な言葉の印象が、物事の本質が見えにくくしていると思えるからです。本物のコミュニケーションを覗いてみましょう☆

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。梅雨といわれつつ、局地的に大きな被害を与えた反面、まとまった雨が降らない地域があったりと安定感なく、不安にかられる今年の梅雨でした。ニュースで梅雨明けと聞いて「もう?」と思った人も多いことでしょう(笑)

似たような感じで、ガソリン、食料と値上がりの一途を辿っています。しかし、こちらは人為的なもので「是正」は可能なはずです。とはいえ、一国では解決不能であります。そこで先進国といわれる経済的に裕福な国が一堂に集まり、「主要国首脳会議」をひらきます。今回の第30回サミットは7月7~9日の間「北海道洞爺」で開催されます。

toyako.jpg

日本で5度目の開催となるサミットですが、2000年に第26回主要国首脳会議(九州・沖縄サミット)が行われた事を覚えていらっしゃる方も多いと思われます。開催地周辺にお住いの方は物々しい警備に、ウンザリさせられるので、記憶に残っているのではないでしょうか?(笑)

サミットとは「山の頂点」を意味します。言い換えれば、世界を圧制に向かわしている”主犯連合”ともいえますね(笑)こうした国々に、後進国の問題や本当に困っている人達の救いになっていくのか?は疑問ですが、よりよい方向に向かわせて欲しいと思います。隣の会場でボトム「底辺」会議と併せてやったほうがいいのでは?と思いますが・・・ 頂上と底を足して2で割れば「現実」となるでしょうし。

ついでに言えば、偶数年周期開催の日本は各国首脳が”引退前”に開催するという巡り合せになっています。つまり、ここでの””も次期首脳時には”ほご”にされる事がままあるという訳です。う~ん、このサイクル(周期)を日本の政治力で変えて欲しいものですが、福田首相にしても何ヵ月後にはどうなっているのか分からない現状ですから、高望みでしょうね(笑)

要するに、開催国と浮かれたり、微笑ましいエピソードで「○○さんはいい人だ」と語っている場合じゃないわけです。各国のVIPが、こぞって出席し、日本、ドイツ、アメリカ、フランス、イギリス、カナダ、イタリア、ロシア欧州委員会委員長が参加します。

この度のサミットは我々の生活に直結する議題が扱われます。そこでかてなちお」は議題と進展具合はどうか?を、かてなちお風に扱ってみたいと思います。生活を守るには政治的な動向を知っておかないと、マズいですから。

サミットごとに時流に則った「主題=テーマ」が主な議論の内容となり、それぞれの時代を反映しています。この度はどういったモノが趣旨となるかといいますと・・・

QRコード
QRコード