かてなちお ― 「まもる」をテーマに生活情報から防犯情報まで紹介します。

Top > カテゴリー:防災のおはなし > 

皆様、ご機嫌いかがですか?閂屋の北野です。9月1日は「防災の日」だったとご存知ですか?“災害への備えを怠らないように”との戒めを込めて1960年に制定されました。この頃に台風が来ることも由来の一つとなっています。

制定の前年(1959年)には伊勢湾台風が襲来しています。かつて9月1日の行事は関東大震災犠牲者の慰霊祭が中心でしたが「防災の日」となってからは全国各地で防災訓練が行われるように、なっていて、思っている以上に由緒ある”日”なんです。

最近は「東海沖地震」が起きるのか?と、思われる程、小刻みに地震が起こりますし、何かと心許無い感じがして、防災の備えって大事なんだろうな~と、誰もが意識しているのではないでしょうか?とはいえ、問題なのが「具体的に何をしたら」と思われます。

モノの本や、報道などで、リッキュサックに防災用品を入れて保存するや、非常食を数日分、用意しておくとなっていますが、実際にそれをやっている方は、そんなにいないのではないでしょうか?

震災は、実際に体験しないと、その脅威も具体的に分からないし、想像するだと言われても、実際には・・というのが正直な意見だと思えます(笑)

これでは、ここで話も終わってしまうので、もう少し続けますね(笑)では、具体的に誰もが”出来る”防災とはなんでしょうか?それは「意識」です。

今回のかてなちおは「防災の意識」に触れてみたいと思います。といって説教臭くもなく、ごくごく、簡単な話となりそうです。では、どんな意識が皆様の生命、財産を守り、家族の安心に繋がるのでしょうか?続けてみます。

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。さて、前回は”おく病者の勇気”について、触れました。要するに、無理をしない、日常とちょっと違った、変化、現象を見逃さず、自然からの警告として、注意しましょうといった話でした。今回も続きです。

全国的に梅雨明け宣言がなされ、いよいよ、夏真っ盛り、海、山、川、キャンプ場と活気を増していきます。そうなると、全体的にそういった場所での、事故が増えるわけでして・・前回は海、山を取り上げましたので、今回は川、キャンプ場を取り上げてみたいと思います。

海と違って川は、真水の安心感や、冷たい清流が心地よさを人に与えてくれます。その上、日暮などの泣き声が聞こえると、別天地のように涼しさを感じる、夏の素敵な風物詩ですね☆反面、夏の事故で死亡事故の殆どが、川だったりしませんか?おそらく、川、山、海の順番になるのでは、ないでしょうか?

おそらく、安心感からくる油断が、大きな事故を生んでいるように思えますし、その上、死亡と惨事に至るのが川です。川を中心に、注意点、対処法とお伝えしたいと思います。水難事故は、正しい知識で防げるといわれています。皆様の正しい知識の一環となれば、幸いです。

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。「機動戦士ガンダム」という作品をご存知の方も、多々いらっしゃると思いますが、今年で生誕30年。

NHK、BS2では、7月27日から5夜連続で作品を放映し、魅力、解説と、盛り沢山の内容。特に、声優の古谷徹氏、池田秀一氏、潘恵子さんの朗読が、大変、味わい深く、良かったです☆

今年は等身大(18㍍)のガンダムがお台場に登場し、新聞等でご覧になった方も、多々おられるでしょう。現在、お台場周辺のガンダムが見れる部屋は、予約が殺到していて、大変、好評だと伝わっています。経済効果もさる事ながら、30年も続く作品となると、様々な分野に多大な影響を与えていて、有名な”セリフ”を、お聞きになった方多い事でしょう。

「二度もぶった」や「軟弱者、あなたそれでも、男ですか」を筆頭に様々なセリフがあり、私などは、それぞれ思い出深い感じがします(笑)その中で「おく病くらいが、丁度いいんだよね~」とウソブキ、最後まで生き残るカイ=シデンというパイロットの台詞があります。

私はこの台詞、中々、的を得た発言と思っています。”ちょっと無理する”これが、結構、怖いのですよね~時に応じて、無理せざる得ない場合もあるでしょうが、往々にして、大きな破綻、失敗のとっかかりとなりがちなのが、ちょっとした無理だったりしませんか?

夏休みに入り、山、川の事故が増える時期に差し掛かりました。先日も、北海道の大雪山で不幸が起こり、亡くなった方がいらっしゃいました。ご遺族の方には、深く、お悔やみを申し上げます。様々、理由があるでしょうが、こうした事故の原因も、ちょっとした無理だったのではないでしょうか?おく病ではなく、勇気ある行動が原因だったのではないでしょうか?

今回のかたなちおは、ちょっとした無理を防ぐ、山、川、海での注意事項、対処の仕方は?を取り上げてみたいと思います。生活圏とは全く異質な自然環境では、ちょっとした事から、容易に死に至ります。自然は、いつも、優しくて厳しい、まさに、両親のような存在です。なるべく、その大いなる両親に可愛がってもらえるように、したいですね。

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。さて、この二週間はあわただしく「豚インフレンザ」に振り回されている印象ですね。憶測や様々な情報が氾濫している感じを受けます。皆さん、対策の方は万全ですか?「逆宝くじ」ですから、一定以上は、どうにもならないのですが・・

日本には「うがい神話」がありますが、なんでも、菌が口内から粘膜に吸収されるまでの時間は、10分。相当、まめに、うがいをしないとならない訳ですね(笑)ですから「手洗い」の徹底の方が、効果はあるようです。マスクも絶対ではなく、むしろ、感染を広めないために付けるのが真相のようです。

TVの映像でも海外で、あまり、マスクを付けている方を見かけませんよね?なんでも、マスクを付けていると、保菌者と思われ、かえって、警戒されるとか(笑)なんにしても、確実な情報を把握しつつ、正しい対応をするのが、肝要なようです。気をつけましょうね☆

さて、インフレンザといった天災(?)だけでなく、最近「火事」という人災も妙に、増えている印象があります。ここ、最近の空気の乾燥がもたらしているのでしょうが、かてなちおでも、去年度年末に「火の用心の季節」で取り上げました。

http://www.kannukiya.com/blog/articles/2008/12/12.04-180024.html

今回のかてなちおは、皆様を火災から防ぐ、便利なグッツをご紹介したいと思います。場所もとらず、火災発生場所となりがちな台所に置ける便利なグッツです。こういったモノが一つあるだけで、随分違うだろうな~と、想像出来ます。

syoukaflower.jpg

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。季節は冬まっさかりですが、先日「春一番」が現れました。昔から「虫起こし」と言われ、これを合図(?)に活動を休止していた虫達が起きるといわれています。科学的な根拠は、知りませんが、先人の知恵といいましょうか、本当の事なんですね。

森羅万象、世の中は繋がっていますので、十分に意味のある事なのですが、文明の発達によって、生態系という環境が大きく、様変わりし、微妙なバランスで保たれている、その国、個々の風土が危険に犯されているようです。

例えば、1910年にハブ駆除を目的として沖縄島に放され、その後、奄美大島にも定着したマングースは、ヤンバルクイナやアマミノクロウサギなど希少な小動物の多い両島の生態系に深刻な被害を与え、絶滅寸前に追いやっています。

しかも、生活時間帯の重なりの少ないハブの個体数にはほとんど影響を与えていないのです。捕食する側も経済と同じで効率を求めます。危険なハブより、大人しく、愚鈍な ヤンバルクイナやアマミノクロウサギを狙らったのですね。こうした例を求めれば、事欠かないのが現状です。

先日、テレビで観たのですが大阪の堺市にある公園の汚水蓋の裏に「特定外来種」の昆虫「セアカコケクモ」が冬眠から目覚めようとしていました(驚)このクモには毒性があり、刺されると痛みといった危険な、症状が出ます。特に、公園で遊ぶ、子供の被害が続出している様です。

seakakokegumo.jpg

他にも、アライグマの農作物等に与えている被害額は、去年度5億、と、着実に被害額を増やしており、三年で倍になったともいわれています。 こうなってくると、生活防衛の為、駆除・駆逐が必要になります。

今回のかてなちおは、案外身近で起こっているのに、分かり難い外来生物の侵害、その背景に迫ってみたいと思います。といって、皆様にアライグマを駆逐して下さい!とは、いいません(笑)現状を知って頂いて、ご自身に出来る事を、考えて頂けたらと思っています。

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。気になっている事といえば、漢字もろくに音読出来ない、日本国元首は公約破りの言い訳にオオワラワ。殆ど漫才のレベルです(苦笑)色々”語録”はあるのですが、失笑を禁じえなかったのは「”年末”ではありません。”年度末”です」でしょうか?ここまで、見苦しいと呆れるのを通り越します。

英国では、日本の消費税に当たるものの、引き下げを、たった一週間余りで決議しています。それに比べ、わが国はっと考えると、ため息しか出ませんね。二次補正案を出すや否や、早々に選挙として頂きたいものです。その上で今後3~5年は舵取りが出来る、磐石な体制なら文句ありませんが、何だかんだで内輪もめなんだろうな~学生運動を国会でやるのは止めてほしいのですが・・・

降りかかる災難は、色々あります。まあ、政治の話もその一つですが、今回は前回の続きで「火事非難」を取り上げます。私は学生の時、ボヤに捲かれた事があります。活きているのでいい経験だったと云えますが、後に取り上げますが本当に恐ろしかったのが「」。

sennichimae-kasai.jpg


これは、本当に恐ろしかったです。視界を奪われ、呼吸が出来ません。本当の、身の危険を感じた瞬間でもあり、バイクで車に撥ねられた以来でした(笑)

人生走馬灯ではありませんが、ああいった瞬間は、妙に時間が「ゆっくり」流れるのが不思議です。奇妙な話ですが、妙に神聖な感じもしないでもないのですが・・ごく、まれに、スポーツ等、運動を行っている時に体験する事もあります。なんでしょうね?あれ?ご存知の方、いらっしゃったら是非、ご鞭撻下さい。

火事非難は「サバイバル」つまり「生存」です。こういった時、上記瞬間ではありませんが「本能」の導きで、生きながらえると思われがちなのは、否定はしませんが、生存の「確率」を上げる事は出来ません。あくまで”個”の能力に依存するからです。これより、重要なのは「基本的な知識」です。

遭難等で生存者は、遭遇した災害、場所に応じた知識と、それに基づいた行動で、生還を果たしています。こういった事からも知識って重要なんだなっと、感じます。

火事非難の知識を皆様に持って頂ける一助になれば、幸いです。もっとも生存者の多くは「必ずかえる」という強い気持ちがあったから、助かっています。存外、精神論(?)いやいや”ぶれない”気持ちが大事なんです☆

QRコード
QRコード