かてなちお ― 「まもる」をテーマに生活情報から防犯情報まで紹介します。

Top > カテゴリー:防犯のおはなし > 

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。今週は、なんといっても「侍ジャパン」。いや~やってくれましたね~一先ず優勝、おめでとうございます。解説の清原さんではありませんが「日本万歳」って、北朝鮮みたいですかね?(笑)しかし、万歳三唱って、久しぶりです。

痛覚に感じない、痛みを感じていました」会見でのイチロウの朗らかな発言が、筆舌に尽くしがたい気苦労の裏返しであり、かえって、痛々しく感じました。大変な思いをされたなか、本当にご苦労様だと思います。しかし、6打席4安打って、横浜の村田ではありませんが「」の領域ですね(笑)

喜ばしい、反面「世界の縮図」を、改めて感じさせられました。キューバの「カストロ元議長」が語った、

日本、韓国、キューバと強豪国が一方のグループに振り分けられているのは、米国が予選を優位に進められるようとしか、考えられない

私も同意権です。おまけに、日本、韓国はこの大会だけで5回も当たっています。サッカーW杯と比べると、異様としか云えません。普通、トーナメントに入ると、予選グループが決勝トーナメントに進まない限り、当たらないように、配慮するものだと思えます。

その上、2大会連続の米国開催にも、問題があると思えます。ルール造りを含め大会運営には、まだまだ、詰めが必要でしょうね。会場も、そこそこの、閑古鳥状態でしたし。

米国も様々なアドバンテージを受けているにも関わらず、体たらくぶりが目立ちました。しかし、米国は国際大会弱いですね~例えば五輪バスケットボール。どう考えても3回以上は金に輝かなければ、おかしい陣容で2回しか獲れていません。

妙に淡白というか、執着ないというか、そんな試合ぶりは競技に関係なく、米国の特徴となっています。精神面の弱さ、つまり、内弁慶な性格に由来するからでしょう。

これは、反面、米国的見下し方で、全てにおいて世界一という国民感情が、本気にはなれない要因とも言われていますし、そうだと思えます。国力が低迷しているにも関わらず、一人、おらが大将的に国際舞台で振舞う、米国と重なり合わせるのは私だけでしょうか?

WBCをメジャー球団のスカウト目的の””と考えれば、辻褄は合ってきますが。最もサッカーW杯も「世界一強い」国を決める大会というより、欧州クラブのスカウト場と変わって来てるのと同じかも、知れませんね・・・

連覇した以上、本大会における日本の相対的な地位は、向上するはずです。つまり、発言権、発言力が増さなければおかしいと、なります。しかし、お祭りムードの裏側で、冷徹に大会を通じての評論、どうあるべきかという理想論については、お目に掛かりません。要するに「展望」なき、日本の姿も浮き彫りになっています。キューバなど、敗退したに関わらず、きちっと、言うべき事は発言していますよね?

修羅場を幾度も潜ってきた怪物カストロと、いつ変わっても不思議ではない、日本国の政治屋とを比較するのも、歯痒いですが、経済力はあっても、発言力がなく、単なる世界の「パトロン」で終始している、この国の世界での地位とあまりに、被り過ぎているように見受けられるのは、私だけでしょうか?

兎も角、歓喜の陰では様々な事柄が観えたように思えます。さて、今回のかてなちおは前回の続き、素人では判別のつかない盗聴器等を探してくれる、業者選びについてです。玉石混合なこの業界で、どういった視点から業者を選べばいいのか?自衛も意識、つまりは「心がけ」が大切です。これ、次第で大きく、変わっていくものですよね~☆

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。三月に入り、そこはかとなく、春の気配が漂ってきました。ちょっと暖かい日など、半袖で街を闊歩する方々を見掛けますが、今からあんな格好で、夏はどうするのだろう?と、人事ながら気になってしまいます。これも、温暖化対策なんでしょうかね?(笑)

春先といえば、新居に引越しをされる方もいらっしゃるかと思います。転勤、進学、等々、新たな生活の始まりに期待と不安を抱えつつ向かう。私も、一人暮らしを始めた、進学の時期を思い出す時期でもあります。今となっては初々しい話であります(笑)春という季節も手伝って、気楽な限りでした。能天気でしたね~

新たな入居先は、時間と共に愛着が増し、我が家となっていきます。全てがいい世の中だったあの頃は、何も心配がなかったのですが、昨今は事情が違ってきてるようです。「盗聴・盗撮」の心配です。以前の入居者がそういった仕掛けを施してて、被害に合われる方がいらっしゃいます。

本来、入居者が変わる度に、部屋の鍵は交換するのですが、経費を節約するため、鍵交換を行わない悪質な業者もいます。皆様が越される所が、そうでなければ、よろしいのですが、あまり、安心出来ない世の中ですし・・・

今回のかてなちおは、入居時に盗聴・盗撮・盗難の被害に合わない様、どういった点を調べ、注意すべきか?その確認方法について、触れたいと思います。特に、一人暮らしの方は、何かあった際は、異様に不安に駆られます。心の不安は人を悪い方向に向かわせますので、よろしくありません。皆様の安心・安全の一助になれば、幸いです。

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。月も変わって二月になりました。機嫌よろしく、過ごしたいのですが、なんというか、方向感なく、ジリジリと下向きな雰囲気に押されそうな毎日・・・

と、のっけから暗いですね~(笑)こんな時は、笑う門には福来るで、過ごしてみようと思います。うん、これで
気分は良くなった、の、かな?フム、ふむ。後は、自分の周り、つまり「環境」の改善ですね~ただ、これは、自分一人ではどうしようもありません。

割れ窓理論」をご存知でしょうか?なんでもないような、話なんですが、結構深い話なんです。某放送局の番組のような事いってますね(笑)いやいや、真面目な話「安心・安全のまちづくり」の基礎なんです。

rakugaki.jpg

割れ窓理論
一枚の割れた窓ガラスをそのままにしていると、さらに割られる窓ガラスが増え、いずれ街全体が荒廃してしまうという、アメリカの犯罪学者ジョージ・ケリング博士が提唱した理論。

かつて、犯罪多発都市ニューヨーク市で1994年以降、当時の市長が割れ窓理論を実践。割れ窓の修理や落書きなど、軽微な犯罪取締りを強化した結果、犯罪が大幅に減少したと言われています。

我々が中学生の時代。金パチ先生などの影響で「校内暴力」の嵐が吹き荒れていました。今、思い返せば、結構、笑えますが”不良”が窓ガラスを割り出すと、収拾がつなかくなっていくのを目の当たりにしています。あれと、同じ事ではないでしょうかね。それと「落書き」です。

今回のかてなちおは、街の秩序が乱れる兆候といわれる「割れ窓と落書き」について、触れたいと思います。皆様のお住まいの近くで、最近、増えいませんか?これは”サイン”なんです。ちょっとした事から、街の安全・安心の保全につながる、お手伝いになれば、幸いです。

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。すっかり、秋も深まり冬に向かう気配が漂う時期になって
きましたね?クリスマスに正月と楽しい事柄が多い「歳末」に向けて、色々準備を始め出されていると思い
ます。

いやな話ですが、歳末に向けて「犯罪」が多発します。特に「窃盗・侵入盗」は劇的に増えていきます。誠
に困ったものですが、やっぱり、何がしかの対策は必要でしょう。お困り、ご相談は是非とも「閂屋」に!
と、宣伝に走ってしまいそうですが(笑)先日、新聞のコラム「今さら聞けない」にいい記事が掲載されて
いました。

進化する「鍵」」という見出しで、おおよその鍵の移り変わりと、最新の鍵を紹介していました。大変、
よくまとまっていましたので、今回のかてなちおは、その記事を抜粋してご紹介したいと思います。それが、
皆様の生命・財産を守る一助になれば、幸いです。皆様が思われている以上に、変化し進化していますよ☆

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。めっきり、冷え込んで来ましたね?「物悲しい」といった言葉があり寒さを感じる季節になると、そういった気分にさせられる事もあります。”べた”な表現ですが、皆様の「懐具合」は如何でしょうか?

そう豊かな人もいない昨今ですが(笑)一頃、ブーム(?)のようになっていた”犯罪”が最近、復活してきたかのようです。それは「振り込め詐欺」!行政、報道の影響で天然痘のように撲滅出来た、かのように思っていたのですが、息を吹き返してきたようです。なかなか卑劣な犯罪だけあって”ダマす”側はより巧妙に、緻密な手口で人々を騙しているようです。

furikomigekitai.jpg

振り込め詐欺は、一件あたりの被害額が多く、現金自動出入機(ATM)を使った手口だと、限度額いっぱい振り込ませるため、時に数百万円になる事も多いといいます。高齢者の方が被害にあう事が多く、人の心に入り込む類の犯罪だという特徴があります。騙しのテクニックの代表を挙げれば・・

■  事前に身内を名乗り「携帯電話の番号が変わったから控えておいて」等と連絡しておき、電話番号を控えさせ、騙しの電話をするときの警戒感を払拭させる。
 
■  あらかじめ、「風邪をひいて声が変だと思うけど・・。」と言っておき、相手に疑問を抱かせない。
 
■  複数の人が登場する劇団型で、もっともらしく話を展開する。 
 1  ご主人やお子さん、お孫さんなど、身内を装う者
2  警察官や弁護士、鉄道関係者を装う者
3  痴漢の被害者の身内や交通事故の当事者を装い、被害を受けたと主張する者


など、役割を分担し、実に巧みなグループワーキングで金銭をだまし取ろうとします。人を不安に陥れるようにもっともらしくストーリーが展開され、また、タイミングよく相手が電話を変わるので、そのペースに巻き込まれてしまい、冷静に考える余裕をなくして、オレオレ詐欺の手口を知っている人でもだまされてしまうのです。
 
 
■  銀行等の閉店間際に振り込みを要求してきて、「時間がない」と言って急がせる。
 
■  銀行の振り込みだけでなく、宅配業者や書留、小包、定形郵便物(通称「エクスパック500」)を利用させる場合もあります。
 
■  電話がかかってくるのは、午前10時から午後2時までの時間帯が多い。
 
■  振込みを確認した後、さらに振込みを要求してくる犯人もいます!!
  (これは、一度お金を振り込んだことにより、「この人からはお金が取れる」と思われてしまうからです。)

上記以外にも「架空請求詐欺」「融資保証金詐欺」といった類のものもあり、言葉悪いですが”お人よし”な方はコロッと騙されるようになっています。とはいえ、善良な人々が被害に合うのは誠に、しのびなく思います。今回は、振り込み詐欺等々に合わないよう、どうすれば防げるか?をかてなちお風に語ってまいります。寒い、懐が更に寒くなるのは忍びないですから(笑)

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。かてなちおは「守る」を主題に書き連ねているのですが、昨今「破綻」という言葉をよく、聞くようになりましたね。景気低迷とよく囁かれますが、米国大手金融会社「リーマン・ブラザース」が破綻と大きく報道されたのは、ご存知かと思います。これにより、経済状況は一転。””と思われていた景気動向が益々分からなくなってきました。

こういった状況では政府主導の下「対策」を打ち立てなければならないのですが、米国は「大統領選挙」日本は「総裁選」と政治的に空白な状態のため、有効的な対策は打てません。とはいえ、米国の対応は比較的早く、日本がバブル崩壊後、10年掛かった対応を”数日”で終えているのは流石です。「ホッケーマム、豚の口紅」と騒がしい動きとは別に、省庁ごとにやるべき職務をこなしているからでしょう。

それに比べ日本。自民・民主が遊説しても景気に影響を与えるどころか、単に騒がしいだけで、景気とは無縁な様子。決断力の鈍さのみが目立ちます。政治力学すら理解していない「政治屋」に景気対策なんて出来るのか?と、甚だ疑問に思っています(泣)

とはいえ、金融機関が破綻しても一部(富裕層)以外、生活に直接影響もなく冷ややかな目線で、議事堂を眺めるだけですがそうともいってられない事態があります。「衣食足りて礼節をしる」という言葉がありますが、裏返せば”衣食足りなければ”人は、容易に犯罪に走るという事です。喰うや喰わず、まさに、生き死にがかかってきますから、恐ろしい事態です。

警察が認知した刑法犯を人口10万人当たりに換算した昨年の「犯罪率」は2150.6で、戦後初めて2000台に乗ったことが、警察庁のまとめで分かった。住民の50人に1人が犯罪に巻き込まれた計算。認知基準が必ずしも一貫していないなど、単純に比較できない面もあるが、数字上、終戦 直後の混乱期を上回る“緊急事態”に陥ったことになる。刑法犯の総数は1996年以降、毎年過去最悪を更新し続けており、昨年は約273万6000件に達した。すでに終戦直後の130万―150万件台を大きく上回っているが、日本の人口は終戦翌年の46年の約7575万人から昨年は約1億2710万人へと増えており、認知件数での単純比較はできない。」

これは、かなり由々しき事態です。犯罪率は戦後が一番高く、上に述べたとおり、殆どの国民が生きるや死ぬを体験していたためです。今日はそこまで酷い状態でもなにのに、犯罪率は上昇の一途。毎日、どこかで誰かが殺されといった報道が、後を絶ちません。おまけに国民の生命・財産を守るべき警察に不祥事が相次ぎ、本当に頼れるのか?甚だ疑問に思われている方も多々いらっしゃると思います。

自己責任」という言葉をよく耳にしますが、要するに行政側は”責任”の所在を個人に”まる投げ”しているのです。勿論、社会人として生活する人には、当然の事であります。しかし「万が一」の事態には警察、消防といった行政の力を借りなければどうにもなりません。どうどう巡りになりますが、力を借りるべき相手が信頼出来ない、もしくは、極度の責任回避から対応が遅れると、悪い循環となってる世の中です。

いざという時”あなたを守る「防護グッズ」は何がいいのか?今回は、防護グッズの良し悪しについて語ってみたいと思いまます。一番の防護グッズとはなんでしょうか?続きを読む前に、しばし”考え”て頂ければ幸いです。

QRコード
QRコード