かてなちお ― 「まもる」をテーマに生活情報から防犯情報まで紹介します。

Top > 2009年11月 > 

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。めっきり、肌寒くなりましたが、風邪などひいていませんか?今年もインフルエンザといった厄介な風邪もありますので、気をつけたいですね。さて、寒くなってくると思い出す事って、皆様、おありだと思いますが、私もあります。それは「時代劇」です(笑)

時代劇の撮影は冬が多い気がします。私見ですが、汗だくになる夏の撮影が、衣装も厚い、時代劇には合わないからでは?と、思っています。情緒もあるのでしょうが「必殺仕事人」も冬に放映が始まるのは、偶然じゃないでしょう。時代劇も様々あり、全く興味を覚えない人もいれば、誰々が主演の、あのシリーズと、贔屓にされている方もいらっしゃると、思います。

よく○○時代と○○時代は似てる、と、云われます。社会情勢が似通った状態で、政務につく人物同じように、英邁だったり愚鈍だったりと、似た状況は、まま、生まれます。どうも、我々は教育のせいか、世の中は時間をえて、じょじょに、右肩上がりな成長を遂げてきたかのように思うのですが、実際は”円環”してる感じがしますね。例えば、平成の現代。江戸期末期に入ろうとしていた1700年代、時代劇の「暴れん坊将軍」で、有名な「吉宗」の辺りからでしょうか?

歴史に精通していな方でも「○○の改革」あるいは、改革をした人というのが吉宗のイメージではないでしょうか?「目安箱」で市民から公平な意見を聞き「赤ひげ」のモデルとなった「小石川養生所」。無料の医療施設で、貧民救済の一環を担っていました。吉宗はかなりの名君と、思ってしまいますね。真相は・・ご自身でお調べになってみられたら、面白いかと思えます(笑)

要するに、江戸期のこの時代、都市生活の発展による文化、経済の発展と、富の格差から起こる貧困層と富裕層の二極化問題。天変地異による食料問題が、幕府の頭痛の種だったんです。今日、よく耳にするような話ではありませんか(笑)ちなみに「百姓とゴマのあぶらはしぼれれば、しぼれるほど」といったのは吉宗のブレーン「神尾春央」の言葉です。つまり、重税で幕府だけが、潤うというシステムです。

こういった話も現代にからめて、細かく書いてみたいのですが、今回のかてなちおは、吉宗と同じく、時代劇のヒーロー「鬼平犯化帳」で有名な「長谷川平蔵宣以」を取り上げてみたいと、思います。平蔵を通じていいたいのは、行政に携わる人間に求められる「平衝感覚」と、いいましょうか、学問だけでなく、よく世の中を知っている、知る目を持つ事だと、いう事です。

彼のような役人が1人でも増えたら、今日ももっと、過ごしやすい、安心出来る世の中になるのではないかな?と、思っています。犯罪の減少が、社会の安定につながるのは、いつの、時代も同じですしね。

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。聞くところによると「営業職」が全く人気がないそうです。就職は出来れば「専門職」でいう傾向だそうです。様々な折衝、人との関わりを持たなければいけない、営業がワズらわしからと、聞きます。私は、面白味と捉えた方が、人生が、豊かになると思うのですが・・

しかし、専門職であっても人と関わって仕事に携わる以上、何がしかの折衝はついて回ると思うのですが?この人達は専門職ならそういった事柄に全く接する事なく、仕事できると想像しているのでしょうか?あまりに、乏しく、空しい発想だと思います。

ゆえに、今、会社側が人に望む、要望第一位が「コミュニケーション能力」と、理解に苦しむ、要望になるのでしょうかね? 会話も、挨拶もできんのかい?!って思います(笑)

誤解なく云えば、営業、折衝、諸々は「テキトウ能力(?)」だと思うのです。聞いているようで、聞いていない。つまり、相手の要点は抑えた上で、こちらの言い分、を通すのですから、中間点というのでしょうか、まん中意識が、大切だと思います。

燃費が良く、運転も上手な方は、アクセルを踏んでいるようで、踏んでいない、パーチャル域の使い方が、凄く上手です。要するに、一方向、極端でないが、ミソですね。

最近、気になるニュースを聞きました。「バラエティー番組、民放に「指針作って BPO提案」の記事です。

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20091118STXKC050817112009.html

問題になっているのは1:言葉の乱れ 2:聞き苦しい話 となるのでしょうか?2について5つに分類されていますが、確かに、あまり感心しない話もありますが、ラジオが衰退していく昨今、その役割をテレビがとも取れますので、嫌な人は見なければいいと思います。

いじめはね~確かに、助長するような効果があるでしょうが、それ以上に、家庭での躾ではないでしょうか?少し、人様を労わる気持ちを教育すれば、酷いイジメは、しなくなると思いますよ。親の問題につけ、教育現場の問題につけ、思い遣りの無さは、いずれ自分に全て跳ね返ってくるものですが・・・

今回のかてなちおは、1の言葉の乱れについて、語ってみたいと思います。「言葉が乱れると、国も社会も貧困の中に沈んでいく。正しい言葉を保つことが必要」と昔から言われています。

確かに生活の規則正しさの根本は、言葉にあるといって否定される方も、そう、いらっしゃらないでしょう。ゆえに、正面から未来を見据えなくなり、失望から、退廃的な麻薬に溺れる人が増えているように感じます。何事も細部から、崩壊、栄光の兆しが見えるものです・・・

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。一雨ごとに、冬に向かい風も空っ風の様相ですね。冷たい風は、色んな意味で肌身に応えます。特に、寂しい懐具合には(笑)そんな時、フっと思い出す言葉に「が吹いたら桶屋が儲かる」という格言があります。

この言葉の本当の意味はご存知でしょうか?これは、お釈迦様並の「悟り」を純然たる経済現象として捉え、語られている格言なんですね~つまり、こういう事なんです。

江戸の町に風が吹くと、舗装などされていない道から砂風が舞います。すると、砂で目を悪くし「失明」する人が増えたといいます。そして、目が見えなくなった人には、退屈なため「娯楽」を求めます。それが「三味線」です。三味線が流行ると、江戸の町から三味線の材料となる「ねこ」の数が激減します。

ねこが減ると、江戸の町に「ねずみ」の数が激増します。ねずみは、硬いものをかじる習性があります。格好の材料が「」です。すると、桶が、かじられ、町民の桶が痛み、ひいては桶屋さんが、繁盛するという具合なんです。「バタフライ・エフェクト」というのでしょうか、一つの現象から、派生し思わぬ効果が出るという「現象」を300年以上前から、日本人は、常識的に知っていたのですね~

最近は「風が吹いたら、給料が下がる」といったところでしょうか?「ワンコイン亭主」。昼食代が500円玉一枚のサラリーマンを揶揄する言葉ですが、これはもう古くなってきてます。最近は大手スーパーが300円前後の弁当を売り出すなど、節約志向はさらに進み、価格競争は激しさを増していて、小遣いカットに悩まされるご同輩も多くなっている事でしょう(泣)

おまけにタバコも増税ときてますしね~(泣笑)予断ですけど、政府がお手本にする欧州では「喫煙権」も認められていて、ファシストよろしくのたばこ狩りは、しませんよ。彼等は、大人ですから(笑)すくなくと、野外の公共施設では大変、おおらかでのびやかなものですよ~本当に。健康のためというなら、より浅く広く、税が取れるように「添加物税(?)」のようなモノを課しては如何か?そうなったら、廃業に追い込まれる業界も増えるでしょうが(笑)

節約は悪いことではないですし、商品やサービスを見極めるのは正しい事です。ただし「ゆきすぎ」はどうでしょう?今回のかてなちおは、我々の財布にモロに影響のある「節約、貯蓄は不況を招くのか?」について触れてみたいと思います。歴史上「○○の治」と呼ばれる安定、安全で健全な社会を実現できた時代は、例外なく広く浅く、国民負担の少ない税制で、消費がやや過剰程度の収まり、収入が安定していた事実があります。今は、全てが逆ですね(笑)こういった流れで我々1人1人が出来る事に、貢献できれば幸いです。

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。なんでも、巷では「自転車」がブームだとか?そういわれると何となく、自転車に乗っておられる方が、増えたような気もしなくもないですね。我が家の近くの河川敷は、サイクルロードとなっており、老若男女、様々な自転車にのって、颯爽と運転していらっしゃいます。

ブームになるという事は、様々な問題も浮かび上がります。特に警視庁が「交通の法則に関する教則」を30年ぶりに、改定。3人のりを「禁止事項」と、明記しました。まあ、確かに見ていて、危なっかしいかったし、あまりに無防備すぎるかな?と、思っていたので、致し方ないかな?とも思います。

こういった背景から、メーカーでは「安全型自転車」の開発に熱が入ってきているとか?それは、それで、良い事だと思えます。事故の類が、三人乗りだけか?といえば、そんな事もなく普通の二輪でも、事故は起きますし分母である、愛好家が増えれば、分子である事故が増えるのも、道理に思えます。

今回のかてなちおは「自転車事故」について、触れてみたいと思います。我々にとって、もっとも身近で手軽な移動手段である、自転車。交通手段として、もっとも弱い立場にあるのも、自転車です。ですから、事故には、重々、注意しないといけないと思います。皆様の、安心、安全に貢献できれば、幸いです。

自転車/自動車」両方に乗る者として、道路交通法を守らない自転車が危なっかしくてしかたありません。
自動車と同じ」ということを意識することで、自動車とも歩行者とも安全に道路を共有できるかもしれないかなぁと思っています。

QRコード
QRコード