かてなちお ― 「まもる」をテーマに生活情報から防犯情報まで紹介します。

Top > 2009年02月 > 

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。暗く、進展のない話題が支配的な、昨今の日本ですが、明るい話題があります。米映画界最大の祭典、第81回アカデミー賞の授賞式が22日、新人納棺師の物語を描いた、滝田洋二郎監督の「おくりびと」が外国語映画賞を受賞。加藤久仁生監督の「つみきのいえ」も短編アニメ賞に輝きました。

okuribito.jpg   tsumikinoie.jpg

日本映画のアカデミー賞受賞は、2002年度(第七十五回)に宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」が長編アニメ賞を受賞して以来です。これは、素直に快挙といえるでしょうね☆因みに栄えある大賞はダニー・ボイル監督「スラムドッグ$ミリオネア」でした。

大方の予想ではイスラエルの「戦場でワルツを」が本命で「ヤフー」のユーザーによる予想でも70%以上が同作に投票。「おくりびと」はノミネートの五作品中三番人気だったにも関わらず、受賞できました。どうしてでしょうか?

「戦場でワルツを」の前衛的な手法が保守的なアカデミー会員には敬遠されたようで、おくりびとは「穏やかなユーモアを織り交ぜ、厳粛な美を描いた映画が番狂わせの勝利をつかんだ」と説明されています。

また、日本の葬送文化を世界に伝える機会になったようで、遺族の前で遺体を清める所作を「魔術師のような巧妙な手さばきで繰り広げられる儀式は、死者へのお悔やみと崇敬の気持ちを紡ぎ出す」と紹介されています。

アニメ部門を受賞した「つみきのいえ」は、他の候補作と傾向が違い、心に静かに届く表現。「孤独な老人の内面を巧みな設定で映像化し、国民性や年齢を超えて普遍的なテーマを訴え、不安の多い時代に、肉親との絆を再確認する内容が今の時代に合ったのだろう」と解説されています。これは「CG」を多様した派手な作品が闊歩する中、素朴な手書きアニメの原点の魅力が、新鮮に映ったからだろうと、思えます。

今回のかてなちおは”守る”という事と、直接関係しませんが、今回のアカデミーを受けて、今後、どういった映画が主流と、なってくるのか?また、かてなちお的にというより、北野個人が推薦、注目の映画を紹介したいと思います。折角の快挙なので、ご祝儀的な気分で眺めて頂ければ、幸いです☆

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。季節は冬まっさかりですが、先日「春一番」が現れました。昔から「虫起こし」と言われ、これを合図(?)に活動を休止していた虫達が起きるといわれています。科学的な根拠は、知りませんが、先人の知恵といいましょうか、本当の事なんですね。

森羅万象、世の中は繋がっていますので、十分に意味のある事なのですが、文明の発達によって、生態系という環境が大きく、様変わりし、微妙なバランスで保たれている、その国、個々の風土が危険に犯されているようです。

例えば、1910年にハブ駆除を目的として沖縄島に放され、その後、奄美大島にも定着したマングースは、ヤンバルクイナやアマミノクロウサギなど希少な小動物の多い両島の生態系に深刻な被害を与え、絶滅寸前に追いやっています。

しかも、生活時間帯の重なりの少ないハブの個体数にはほとんど影響を与えていないのです。捕食する側も経済と同じで効率を求めます。危険なハブより、大人しく、愚鈍な ヤンバルクイナやアマミノクロウサギを狙らったのですね。こうした例を求めれば、事欠かないのが現状です。

先日、テレビで観たのですが大阪の堺市にある公園の汚水蓋の裏に「特定外来種」の昆虫「セアカコケクモ」が冬眠から目覚めようとしていました(驚)このクモには毒性があり、刺されると痛みといった危険な、症状が出ます。特に、公園で遊ぶ、子供の被害が続出している様です。

seakakokegumo.jpg

他にも、アライグマの農作物等に与えている被害額は、去年度5億、と、着実に被害額を増やしており、三年で倍になったともいわれています。 こうなってくると、生活防衛の為、駆除・駆逐が必要になります。

今回のかてなちおは、案外身近で起こっているのに、分かり難い外来生物の侵害、その背景に迫ってみたいと思います。といって、皆様にアライグマを駆逐して下さい!とは、いいません(笑)現状を知って頂いて、ご自身に出来る事を、考えて頂けたらと思っています。

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。今週は、建国記念日を挟んで、中日の休日。心身共に、リラックスされたでしょうか?一番扱いが低い(?)休日と思われるのですが、如何でしょうか?米国などに比べたら、本当に寂しい限りで、街角に”国防色”の街宣車が、登場する事で、そうかと、気付くといった按配ですね(笑)

扱われ方、次第でかなり、印象は変わってくるモノでしょう。例えば、クリスマス。異国の風習の方が、日本国の建国を祝うより盛大にされていますね(笑)。扱い方、扱われ方とあるのですが、何が違うのでしょうか?推測ですが「印象」ではないでしょうか?

”私見”ですがイワゆる”出来る人”は、これを大切にしているように、映ります。職業によって”どう”映えた方がいいか?割合、細かく”理詰め”なんですね~ある、コンサルの方は、可能なら事前に、お会いする方の好きな色を聞いて、ネクタイの色を合わせると語っていました。何気なく”好感度”を上げつつ、会話の幅を広げようとする、細かな配慮なんです。

こうした、何気ない動きを重ねていくと、目的を遂げたり、目標に達成したりして、分かりやすい指標である「」がUPするのだと思います。そこで、今回のかてなちおは、皆様の懐具合を豊かにして生活を、守って頂くために(笑)

年収2000万対500万、アポの時間、資料の枚数、衣装は?

を扱ってみたいと思います。これは「プレジデント・ロイター」のHPで掲載されていて、大変、興味深く、面白い内容でした。結論からいえば、さり気無い事柄に注意を払いつつ、継続した結果、収入の差になるのかな?と、いった感じです。皆様は、どう受け取られるでしょうか?では、かてなちお風に語ってみたいと思います。

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。月も変わって二月になりました。機嫌よろしく、過ごしたいのですが、なんというか、方向感なく、ジリジリと下向きな雰囲気に押されそうな毎日・・・

と、のっけから暗いですね~(笑)こんな時は、笑う門には福来るで、過ごしてみようと思います。うん、これで
気分は良くなった、の、かな?フム、ふむ。後は、自分の周り、つまり「環境」の改善ですね~ただ、これは、自分一人ではどうしようもありません。

割れ窓理論」をご存知でしょうか?なんでもないような、話なんですが、結構深い話なんです。某放送局の番組のような事いってますね(笑)いやいや、真面目な話「安心・安全のまちづくり」の基礎なんです。

rakugaki.jpg

割れ窓理論
一枚の割れた窓ガラスをそのままにしていると、さらに割られる窓ガラスが増え、いずれ街全体が荒廃してしまうという、アメリカの犯罪学者ジョージ・ケリング博士が提唱した理論。

かつて、犯罪多発都市ニューヨーク市で1994年以降、当時の市長が割れ窓理論を実践。割れ窓の修理や落書きなど、軽微な犯罪取締りを強化した結果、犯罪が大幅に減少したと言われています。

我々が中学生の時代。金パチ先生などの影響で「校内暴力」の嵐が吹き荒れていました。今、思い返せば、結構、笑えますが”不良”が窓ガラスを割り出すと、収拾がつなかくなっていくのを目の当たりにしています。あれと、同じ事ではないでしょうかね。それと「落書き」です。

今回のかてなちおは、街の秩序が乱れる兆候といわれる「割れ窓と落書き」について、触れたいと思います。皆様のお住まいの近くで、最近、増えいませんか?これは”サイン”なんです。ちょっとした事から、街の安全・安心の保全につながる、お手伝いになれば、幸いです。

QRコード
QRコード