かてなちお ― 「まもる」をテーマに生活情報から防犯情報まで紹介します。

Top > 昭和明るい、平成暗い??

皆様、ご機嫌いかがですか?閂屋の北野です。この連休を利用して「カムイ外伝」を観に行きました。お金払って観た価値はあったかな?が印象です。テーマとなっていた「生き抜く」は、崔監督には申し訳ないですが、左程、感じませんでした(笑)アニメ版の拡大といった、安易な作品になっていなかったのは善しです。

カムイは外伝もいいのですが、やっぱり正伝(?)ありき、なんでね~あれを映像化する勇気はないだろな~色んな意味で。ともかく、フアンとしては3~5部作で、正伝を公開して欲しいものです。大河ドラマってても、あるには、あると思えますが(笑)勇気ないだろうな~作品の主題と、現実は乖離する一方なのが気になります。

カムイにしても45年経って初めての映画化。連休中「白洲次郎」の二部が放映されたり、歌番組でも懐かしの70~90年代を振り返る番組が増えています。TV等にしっかり向き合える世代を対象にした結果、と、言えなくもないのですが、昭和の息吹に触れたいという想いが、こういった番組が増えている要因ではないでしょうか?

1:昭和天皇
2:田中角栄
3:美空ひばり
4:吉田茂
5:東条英機
6:佐藤栄作
7:長嶋茂雄
8:松下幸之助
9:中曽根康弘
10:ダグラス・マッカーサー

昭和で思い浮かぶ人物」朝日新聞で募集された結果です。どなたも、歴史上の人物といってもいい重鎮で、それぞれの分野で昭和を象徴的に語っている人物だと思います。

今回のかてなちおは、注目される昭和、今、なぜ、昭和が求められるのか?に迫ってみたいと思います。単なるノスタルジーだけではなく、次の時代に向かって、進むべき方向が、そこから見えてくるのではないか?と、思えるからです。

次世代を分かるというのは、必ず、皆様の生活を守り、発展させる事に役立てると思っております。そのお手伝いをさせて、頂けたら幸いです。

ちなみに、11位~19位は以下の通りです。

11位石原裕次郎 12位山本五十六 13位美智子皇后 13位池田勇人 15位竹下登 16位小泉純一郎 17位湯川秀樹 18位王貞治 19位千代の富士 19位山口百恵

1位の昭和天皇は激動の昭和を語るのに、この方ほど、相応しい人物はいらっしゃらないでしょう。世界で最も有名な日本人は昭和帝です。二位はオノ・ヨーコです。人物としては仏様のような方だっただけに心身に掛かった、労苦は並大抵ではなかったでしょう。ご冥福をお祈り申し上げます。

2、3位の田中角栄、美空ひばりさんは発展の昭和の象徴。特に、角栄さんの発展と逮捕後の下落が今日の日本を象徴的に現しているかのようです。予断ですが、ロッキード事件で日本からは有罪判決が出た反面、それに関与したアメリカ側からは、逮捕者無し。

相当におかしな事件としか、いいようがありません。日本から西に目を向けると、東からバイアス掛かるようで、現政権も気をつけて欲しいと思います。村山談話の踏襲は無用ですが(笑)

上位20人の内、首相が8人、スポーツ、芸能が3人ずつという内訳です。あらゆる政体を作ってきた人類ですが、リーダー不在のシステムは存在しないとは、作家の塩野七生さんのお言葉ですが、やっぱり、政治も芸能もスポーツも「」ありき!

大きな影響を持つ方は、いらっしゃいますね。番外として21位三島由紀夫、手塚治虫、24位力道山、本田宗一郎氏が挙がっています。我々から見たら、かなりエネルギッシュに人生を駆け抜けた人物となりますね。それぞれが、独自の路を拓いたパイオニアでは、ないでしょうか?

●『昭和と聞いて最初に思い浮かぶこと』

1位:高度経済成長、3位バブル景気が合わせて50%を越えています。好景気は生活を向上させ、暮らしを豊かにします。犯罪率も低下しますし、まさに「衣食足りて礼節を知る」ですね。こういった観点から国民にとって何が一番の善政か?を政治家の皆様は考えて頂きたいと思います。

参考にするデーターは、昭和だけでも2つもあり、歴史を紐解けば、パックス〇〇と幾つもあるように、思えますが・・・


戦争、原爆は合わせて30%。回答世代も70代と、明らかに風化しつつある、日本人の記憶となっている様子が伺えます。平成の御世には、遠い昔の話にすらならない、出来事って事なんでしょうか?いい傾向ではないですね。

●『戦前、戦後の昭和と平成はどういう感じの時代か』

上位3位までを見ると、戦後の昭和は「活気のある/進歩的/動揺した」と、肯定的なイメージが先行。戦前の昭和は「保守的/暗い/動揺」と対照的。戦前の昭和より、平成の方がさらに否定的なイメージとなっており「動揺/沈滞/暗い」が上位に並び、中でも動揺、沈滞は平成が多い結果となっています。

戦前昭和が暗くなった理由に第二次大戦という、絶対的存在があるのですが、その元凶は大正期に起こった「ブラックマンデー」。今日的にいえば世界同時不況の先駆けとなる現象があり、その結果、日露戦争時の膨大な借金を米国に返済すべく、大陸進出に解決を見出した、日本の姿があり、今日の東アジアの重大な問題となっているのはご存知かと思います。

一回目の世界同時不況よりはるかに規模が大きい「サムプライム問題」に直面した現代。閉塞感は尋常でなくなるのは、当然でしょう。解決の糸口は?様々あると思えます。

平和的になされようとしている「友愛」の精神に基づいた、東アジア共同体構想。忘れて欲しくないのは「外交」とは、右手で相手を殴っておいて、左手で救いの手を差し伸べるという事。一方だけではダメなんですね(笑)

特に日本人はお人よりが多いので、両方揃っての「外交」という意味を理解しにくいように感じます。我々も普通にやっている事ですから大人になりましょうね(笑)

個人においては気の持ちようと、自分で糸口を見つける事となるでしょう。「清貧」という言葉がありますが、清くて貧しいなどは、孔子をして「余程、教養がある人物しか不可能」といってる程。並の我々では到底不可能です。

では清貧とは?「貧しくても、暮らしの快適さを失わない事」ではないでしょうか?そんな清貧を目指したいですね。なんの事はなく、昭和とはバブル以前まで、そういった時代だったのですから(笑) 

QRコード
QRコード