かてなちお ― 「まもる」をテーマに生活情報から防犯情報まで紹介します。

Top > オオカミ少年化を防ぐ??

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。大型連休の真っ最中の昨今ですね。とはいえ、あくまで一週間前後のお話。来週には現実が迫ってきます(笑)こんな時だからこそ、働いていらっしゃる方も多々おられると思われますが、本当にお疲れ様です。

さて、後1日で5月を迎えるのですが、4月より5月の方が問題が多い?ような気がします。と、いうのは”よく”馴れたせいかもしれませんが「5月病」に代表される事柄が、起こり始めるからです。ナニがなんだか分からないような状態では、様々な事に思いをめぐらす余裕がないからなんでしょうかね?なんにしても””は良くも悪くも、問題の原点といった感じがします。

新学期から新しい学校に進まれた、お子様も道筋に馴れてくる頃だと思われます。教育上、色んな””を知っておくのは、損ではないと思えますが、身の危険に繋がる事は問題ありますね。この時期に、入学当初に言い渡した事を再確認させるのも、いいでしょう。なにせ、馴れは油断をうむモノですから。

オオカミ少年」はその典型と思える、いい寓話です。これと同じように、子供の防犯対策にも、微笑ましいものから、ちょっと笑えないモノまで”トホホ”な話があるようです。今回のかてなちおは、子供防犯を中心に、役立つ情報、注意する事、ちょっと、笑える話をお伝えしたいと思います。メリハリの利いた話にしたいですね。

■防犯ブザー

区や市などからプレゼントされる学校も多い、防犯ブザーですが、これが「ただつけているだけ」になっているケースも多いようです。「いざというときにすぐ鳴らせる」ようになっている防犯ブザーは「いざといわないとき」つまり、日常茶飯事でちょいちょい鳴ってしまうからだといいます。

「ちょっと何かにひっかけただけで鳴ってしまうから、毎日誰かしら防犯ブザーを鳴らしてる。あまりに毎日聞くので、反応しなくなってしまった」などと話すのは、小学校の近くに住む父母。「学校で誤って鳴らしてしまう子もけっこういる」と都内の小学校教諭も言うように、本来、警報であるはずの音が「聞き慣れた音」になってしまっては、残念ながら、意味がありません。

子供に、こういった”鳴り物”を渡して注意しても、使ってしまいますよね、普通。この解決策を、学校に求めてはいけません。体罰等”身体”に教え込む教育が真っ向から否定されている昨今、子供はナメて先生の言うことは聞かないでしょう。なんでも、最近の小学校で、教員は”笛”を常備。吹かないと、子供が注目しないからといいます。子供も子供ですが、教職員の取り巻く環境は、相当、劣悪なんだな~と、想像出来ます。

ですから、痛みは伴いますが、親御さんが愛の鞭を振るうしかないと思います。一瞬の心に残る痛みを取るか、命まで奪われてしまうか?こういった事柄は悪い方から考えて、決して損はありませんから、どうか、ご父兄でご一考なさって下さい。

■携帯電話

携帯についた防犯用フックが非常に抜けやすいものが多く「電源を切ると連絡がくるようになってたのね・・」「子どもが出かけるとき、GPSがわりに携帯を持たせたら、防犯フックが何度も抜けて頻繁に電話がかかり、緊急連絡メールが何度も何度もきて困った。子どものほうも「すぐに抜けちゃって、電源を切ろうとしても“待機”になって切れない」と困っていたらしい等々・・

メーカーもそれなりに、考えていてスライド式等の「コドモバイル802T」といった物も発売されているようです。こういった便利商品があってもよさそうですが、あまりないようですね。子供でも簡単に引けて、抜け難いとなると、セロハンテープで止めるといった、細工をするのは如何でしょうか?容姿よりも、生命ですと思います(笑)

電源については、学習塾等に就学中は預かってもらうようにされるのも、いいのではないでしょうか?バイブレーターにしていても授業中でしたら、支障もある事でしょうし。子供には塾に入ると同時に、一度、連絡を入れさせるといった習慣をづけをされてもいいでしょう。そして、塾を出る時と、これで、電源の問題はなくなるのではないでしょうか?

■配信されている防犯・防災メール

全国で、無料で配信されているサービスがあります。

http://www.ideaxidea.com/archives/2009/03/safety_information.html

こちらのホームページでは、様々なサイトが紹介されています。また「iPhone/Android」携帯電話向けのサービスとなりますが「犯罪情報地図」を確認できます。以下のサイトを参照なさって下さい。

http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/24892.html

iPhoneはソフトバンクから販売されています。「Android」は欧米では基準となっている次世代型のスマートフォンといわれる携帯です。ドコモもいくつか、扱っています。全般には夏以降のモデルから登場すると思われます。

こういった器具はあくまで「」にしか過ぎません。どう使うのか?が一番大事なわけで、そこに知恵があると思います。親御さんの知恵の見せ所ですね(笑)ともかく、オオカミ少年は悲惨な末路を迎えます。我々含め、最悪の事態から考えて行動していくしかないでしょう。悪戯と思っても、ブザーが鳴ったら通りに顔を出して、みるとか、ですね。

出来れば、その時「ぼく、そんな悪戯したらダメだよ」と、一言、諭してあげて下さい。近隣力も上がりますし。ちょっとした親切が災いを招く場合もありますが、総じてみれば、与えた側には必ず、恩恵がやってきます。それぐらいの、社会の正常さは残っていると思いたいたいですね(笑)

QRコード
QRコード