かてなちお ― 「まもる」をテーマに生活情報から防犯情報まで紹介します。

Top > 耳目に頼って心がけ

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。今週は、なんといっても「侍ジャパン」。いや~やってくれましたね~一先ず優勝、おめでとうございます。解説の清原さんではありませんが「日本万歳」って、北朝鮮みたいですかね?(笑)しかし、万歳三唱って、久しぶりです。

痛覚に感じない、痛みを感じていました」会見でのイチロウの朗らかな発言が、筆舌に尽くしがたい気苦労の裏返しであり、かえって、痛々しく感じました。大変な思いをされたなか、本当にご苦労様だと思います。しかし、6打席4安打って、横浜の村田ではありませんが「」の領域ですね(笑)

喜ばしい、反面「世界の縮図」を、改めて感じさせられました。キューバの「カストロ元議長」が語った、

日本、韓国、キューバと強豪国が一方のグループに振り分けられているのは、米国が予選を優位に進められるようとしか、考えられない

私も同意権です。おまけに、日本、韓国はこの大会だけで5回も当たっています。サッカーW杯と比べると、異様としか云えません。普通、トーナメントに入ると、予選グループが決勝トーナメントに進まない限り、当たらないように、配慮するものだと思えます。

その上、2大会連続の米国開催にも、問題があると思えます。ルール造りを含め大会運営には、まだまだ、詰めが必要でしょうね。会場も、そこそこの、閑古鳥状態でしたし。

米国も様々なアドバンテージを受けているにも関わらず、体たらくぶりが目立ちました。しかし、米国は国際大会弱いですね~例えば五輪バスケットボール。どう考えても3回以上は金に輝かなければ、おかしい陣容で2回しか獲れていません。

妙に淡白というか、執着ないというか、そんな試合ぶりは競技に関係なく、米国の特徴となっています。精神面の弱さ、つまり、内弁慶な性格に由来するからでしょう。

これは、反面、米国的見下し方で、全てにおいて世界一という国民感情が、本気にはなれない要因とも言われていますし、そうだと思えます。国力が低迷しているにも関わらず、一人、おらが大将的に国際舞台で振舞う、米国と重なり合わせるのは私だけでしょうか?

WBCをメジャー球団のスカウト目的の””と考えれば、辻褄は合ってきますが。最もサッカーW杯も「世界一強い」国を決める大会というより、欧州クラブのスカウト場と変わって来てるのと同じかも、知れませんね・・・

連覇した以上、本大会における日本の相対的な地位は、向上するはずです。つまり、発言権、発言力が増さなければおかしいと、なります。しかし、お祭りムードの裏側で、冷徹に大会を通じての評論、どうあるべきかという理想論については、お目に掛かりません。要するに「展望」なき、日本の姿も浮き彫りになっています。キューバなど、敗退したに関わらず、きちっと、言うべき事は発言していますよね?

修羅場を幾度も潜ってきた怪物カストロと、いつ変わっても不思議ではない、日本国の政治屋とを比較するのも、歯痒いですが、経済力はあっても、発言力がなく、単なる世界の「パトロン」で終始している、この国の世界での地位とあまりに、被り過ぎているように見受けられるのは、私だけでしょうか?

兎も角、歓喜の陰では様々な事柄が観えたように思えます。さて、今回のかてなちおは前回の続き、素人では判別のつかない盗聴器等を探してくれる、業者選びについてです。玉石混合なこの業界で、どういった視点から業者を選べばいいのか?自衛も意識、つまりは「心がけ」が大切です。これ、次第で大きく、変わっていくものですよね~☆

盗聴器を見つけるのに、受信機を使います。無線愛好家がよく使うもので市販もされています。しかし、パソコンや電子機器が出す電波にも反応するため、盗聴波と判別するのが難点なんです。ここで”業者”の登場となってくるのですが・・・

どの世界のも「悪徳セールス」というのが存在します。嘘ばかりついていると口が曲がるといいまして、某国首相のようになってしまのですが(笑)冗談は兎も角、盗聴器検査で一番、苦情が多いのが、

高額な代金を請求された

です。業界内には優良事業者の認定制度を設ける動きもありますが、探査業は許可制でも届け出制でもないため、業者の””を見極める公的な基準は存在しないのが、現状です。要するに”制度”としての基準は存在せず、あくまで一個人の見解において、業者を選ぶしかないという、事になります。

つまり、国策である「自己責任」なんです。オソロしいな~(寒)ではどういった基準で業者を選べばよいのでしょうか?3つのポイントが挙げられます。

1:業者選びは3社以上から見積もりを取る

2:料金、電話対応を比較して安心出来そうな業者を選ぶ

3:業者とトラブルになったら、直ぐに消費生活センターに相談する

2については、ご自身の「良識」に照らし合わせるしかないという、不確定な要素に頼るしかないのですが、あくまで「常識的」に感じて下さい。そう、間違ってはいないと思えますので。また、またインターネットで、依頼しようと思う業者をヤフーやグーグルで検索してみて下さい。良しにつけ、悪しきにつけ「風説」が聞けますし、こちらも、そう間違っていないと思えます。いい意味で皆様の耳目に頼って下さい。

万が一、盗聴や盗撮が判明した場合は、盗撮被害者の裁判に関わります。その為に、警察や弁護士に相談なさって下さい。

各地に「弁護士会」という便利な組織があり「犯罪被害者支援相談窓」が設けられていますので、相談なさって下さい。また、被害にあった方への「心のケア」については、各地の「保険所、精神保護福祉センター」の窓口に相談できます。

前回、今回は、なるべくなら遭遇したくない事柄です。しかし、こちらは被害を被る立場ですので、避けるにも限度があります。ですから女性の一人暮らしや、お子様がおられる方は「心がけ」である程度、被害を未然に防げます。何事も、備えですし、万が一の場合は、一人で抱え込まないで、様々な行政施設に相談された方がよろしいかと、存じます。かてなちおは、常に、皆様の安全と平安を願っております。

QRコード
QRコード