かてなちお ― 「まもる」をテーマに生活情報から防犯情報まで紹介します。

Top > 知のワンダーランドへ

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。皆さん「図書館の天使」をご存知ですか?これは、調べたい、知りたい事柄があって図書館といった書籍の並んだ所に行けば、天使に導かれるように、探している事柄に相応しい書籍を与えてくれるという意味です。

toshokannotenshi.jpg

私は、割と運が良くて”巡り合せて”頂いています。ちょっとした日常の奇跡体験(?)のようですが、さり気なくウロウロしていると、ハタッと出会えるから不思議です(笑)私に起こる奇跡ですから、皆様も似たような体験があるかと思えます。ネット検索は如何にキーワードを打ち込むか?といわれていますが、ピッタり思った通りの情報に辿りつけるとは限らず、割と運だったりしませんか?

不景気になれば本が売れる」と言われています。少しでも先例を知り、次の事態を探るべく書籍に答えを求めるからだと言われています。しかし、昨今、この限りではないそうで、書籍も世の中同様、左下がりとなっているようです。ネットの普及も大きな要因だと言われています。アオりを食った形で月刊誌が続々、廃刊に追い込まれているのが、その証拠でしょう。

かてなちおもネットを使ってホームページからブログという形で、情報を配信しています。かてなちおの”ネタ”を調べる際も大変、重宝していて、仕事場にいながら、図書館に通えるような、便利さと情報をもたらしてくれます。ありがたい限りです。そうした流れからすると、いずれ書籍も消え「ネットの天使」が登場し図書館の天使は何処へか、飛び立ってしまうのでしょうか?

ネットの情報と書籍の情報、決定的な違いがあります。それは「」です。簡単にいえば”ただ”の情報とお金を”払う”情報が同じ、という訳にはいかない理屈ですし、編集作業という精度を高める技術が、より良質なモノへと変えていきます。高度な情報を求めるならば、書籍が一番と言えると思えます。

私は、読書が趣味っと、典型的な自己紹介のようで面白みもないのですが、もっと皆様に書籍の凄さ、面白さを知って頂けたらな~と思っています。そこで、私が言っても説得力もないので、著名な方の名前をお借りして、皆様に「読書」について語ってみたいと思います。生活防衛の智識、云々、書物という良質な情報から得て、損はないでしょう。書籍によってはビックりする程のモノもありますが(笑)

紹介して下さるのは勝間和代さん。経済評論家、公認会計士として著名な方です。彼女は月100冊、15万円も購入なさっているそうです!これは、とてつもない数字だと思えます(驚)勝間さんが、日頃、どのように、書店を利用し、本を読んでいるか。勝間さんの語る、書店の魅力、期待などを朝日新聞の記事から綴ってみたいと思います。

本の最大の魅力とは?
人生の醍醐味は、自分と異なった経験や知識を持った人々との出会い、自分の世界を広げ、豊かにしていく事にあると思います。本は「他者」と出会うための優れたツールです。一冊の本には、著者の何十年にわたる思索や体験が詰まっており、世界中、時代を超えて本の中で、対話できます。本を書く人は、知的水準が高かったり、特殊な体験をしています。

わずか数千円で、著者から学べるのですから、とても「お得」なメデイアな上「知に愉しむ」は無常の喜びですよ☆

読書で大切な事とは?
書いてある事を知識として頭に入れることではなく、読書体験によって、自分の考え方や。行動がわずかでいいから変わる事。また「本と体験」は「表裏一体」だと思います。読書で疑似体験を重ねる事で、自分の人生経験が強化され、人生をより深く、生きれるようになり、人生経験が豊かになるほど、同じ本から、より深いものを読み取れるようになります。本と体験が相互に影響を与えあう、良いサイクルが生まれれば、本を通じて人生は益々、豊かに楽しくなっていきます。

大抵の賢人は読書を勧めます。その理由は、ご理解頂けたかと思えます。豊かに、楽しく活きて悪い人生って無いでしょうからね(笑)かのマキュバリはわざわざ、正装に着替えて、読書を通じて古の賢人達と「語り合った」と言われています。こういった姿勢は中々の”アジ”ではないでしょうか?大河ドラマで正装は出来ませんが、役者が安くって(笑)

普段、どのように書店を活用していますか?
欲しい本が決まっている場合、ネットで買いますが、自分のテーマや関心から何となく本を探す時は、書店の方が外れが少なく効率的です。良く行くのはワンフロアで全ジャンルを見渡せる中規模店。どこにどんな本があるか、把握しやすいです。特に欲しい本が無くても、タイトルを見ながらブラブラ歩くだけで「流行りや時代の空気を知ることが出来ます」。また、書店はチェーン店でも、街によって品揃えや雰囲気が違いますので、地方の書店ものぞきます。ご当地本などあって楽しいです。

今後、書店に期待する事は?
1年間に8万点以上、1日に200点以上の新刊が出る状況では、一般の人に自分で本を選べというのは、やや酷です。書店には是非ソムリエやDJのような、本の「目利き」としての機能を強化して頂きたいです。お勧めの本をその理由と共に、分かり易く伝えて頂きたい。また、その書店にしか出来ない「品揃え」「こだわり」に期待したいです。品揃えにこだわりを感じる小型店はやはり「魅力的」です。

書店は、驚きや感動、発見に満ちた本の世界の入り口です。未知の世界を探検するように、ワクワク感を与えてくれて、その場にいるだけで楽しい空間であって欲しいです。

勝間さんの本に寄せる愛情が伝わってきますね。私も、全く同感です☆付け加えるなら、書店の方も読者と同じように、本に熱情を寄せて頂けたらな~と思います。悪い意味で「仕事」って感じの方が多くて。まっ、どの分野もそうかも知れませんが(苦笑)

アレキサンドリアの大図書館」は、かのアレキサンダー大王が建設しました。後に消失するのですが、もし、現存していたら歴史家の仕事は、現在の倍になっただろうと言われています。ワクワクする話ですね~この図書館が消失した原因は、戦争です。「暗黒の中世」よろしく、世の中から「」が失われるきっかけは戦ですから、おろかな争いを繰り広げる民族に、未来はないでしょうね・・学べるのに、学ばない人、同様。

古館伊知郎は新日本プロレスを「戦いのワンダーランド/戦いの学び舎」と呼称していましたが(笑)書店、図書館といった書籍の並ぶ場所は「知のワンダーランド」であり、人生経験の学び舎なんです。是非、多くの書籍に触れて頂きたいと思います。生活を守る術には、うってつけです。

と、いう訳で、今日もワンダーランドに出かけます。紙幅の関係上、この辺でお別れしなければ、なりません。う~ん、誠に残念!それでは、また、お会いしましょう!御機嫌ようさようなら☆

QRコード
QRコード