かてなちお ― 「まもる」をテーマに生活情報から防犯情報まで紹介します。

Top > 北風と太陽風?

 皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。来週からは12月、師走ですね~今年は、皆様にとって実り多い善き一年となりましたか?私?ボチボチでんな~といった関西人独特の言い回しになるでしょうか(笑)2008年度も、間もなく終わりを迎えようとしています。

冬になると「鳥インフルエンザ」の恐怖がやってきます。毎年、様々な憶測が流れるのですが、このインフルエンザは健康問題というより人類にとっての脅威といっても過言ではありません。毎年、進化・発展を遂げて生命の危険にさらされるのですから、尚更です。発祥の理由としては、以下のように語られています。

s_photo11.jpg

1)渡り鳥などの野鳥(水鳥)からうつるものと考えられていて、カモなどの水鳥が持っているインフルエンザウイルスが、家禽に感染することによって起こります。東アジア地域のカモなどの水鳥は夏はシベリアなどで繁殖し、冬に南下して各地で越冬しますが、その時季が鳥インフルエンザの侵入しやすく、今シーズンも韓国で鳥インフルエンザ感染が確認されており注意が必要です。

2)鳥インフルエンザが、そのまま人の間で流行する可能性は低いものの、豚または人の体内で鳥インフルエンザと人インフルエンザが交雑して新型インフルエンザが生まれると大流行する可能性があります。(低病原性鳥インフルエンザでも新型インフルエンザ発生の懸念はあります)

特に恐ろしいのが2)の新型インフレンザ。どういった交雑を重ね、変種が生まれるのか、全く予想出来ないからです。確かな事は、年々、新種が登場し、予防が難しくなっている事で、自然界の猛威となってきています。場合によっては死に至る鳥インフレンザ。どうやって予防すればいいのでしょうか?

今回のかてなちおは、文字通り、皆様の生命を危険に迫る、鳥インフレンザの予防法について、語ってみたいと思います。どのような事態、場合でも必ず解決の糸口、救済への道はあるものですから、希望を持って健全に対処しましょう!と、気合も大事なんですよ~(笑)

インフルエンザを予防するためにはどうしたらよいのか?

・十分な栄養と休養・睡眠をとり、ストレスをためない(抵抗力を落とさないようにするため。食生活の偏り、睡眠不足、過労、ストレスは免疫力を低下させます。)
・できるだけ人混みを避ける(人混みでは感染の機会が多いため。咳などの飛沫でインフルエンザは感染します。)
・外出時はマスクの着用を励行する(咳飛沫などからの感染を防止するため。普通のガーゼマスクより、“風邪用”などと書かれた目の細かいマスクが望ましい。咽喉の乾燥を防ぐ面でもマスクは効果があります。)
・帰宅後は手洗いとうがいを励行する(手洗いは石鹸、うがいは水で十分です。)
・室内は適温とし、乾燥しないよう気をつける(インフルエンザウイルスは高温多湿の条件に弱い。暖房が強すぎると室内外の温度差が大きくなりすぎるので、適温に。)
・ワクチンの接種(現在使われているワクチンは新型インフルエンザには無効ですが、Aソ連型、A香港型、B型に有効です。特に高齢者や心臓・腎臓・呼吸器系等の基礎疾患をお持ちの方に推奨されています。)

疲れている時に風邪にかかりやすいのと同じで、体力が低下するとインフルエンザにかかるリスクが増えるといえます。それと「消毒」ですね。雑菌を広めないために、手洗い・うがいと予防が必要です。不運にも「感染」した場合、どのような症状が出るのでしょうか?

■ インフルエンザに感染した場合の症状

これまで東南アジアなどでの事例では、発熱、咳など、ヒトの一般的なインフルエンザと同様の症状に加え、下痢を認めた例もありました。また、致死率は60%以上と極めて高く、肺炎が主な死因となっています。 しかし、高病原性インフルエンザウイルスが人から人へ感染する新型インフルエンザウイルスに変異した場合、その症状の程度は、現在のところ予測が困難です。

これが、インフルエンザの怖さでして「新型」の場合、どのような症状が出て、どういった薬、対処法が有効か、判然としない点にあります。う~ん、やっぱり恐ろしいですね。世間で、インフルエンザが流行した場合、どのように過ごすのが適切なのでしょうか?

■ インフルエンザが流行した場合の対処

感染予防対策に努めることが重要です。また、新型インフルエンザが流行して、外出を避けるべき事態となり、物資の流通が停滞することを想定して、普段から食料品や日用品を備蓄しておくことが望ましいと考えられます。新型インフルエンザの患者と密に接する機会があり、感染している可能性がある方々に対しては、発症前に抗インフルエンザ薬を内服することで、発症の危険性を抑える予防方法(予防投薬)を実施することも検討されています。

究極に外出が出来ない場合を想定して、食料等、生活必需品の「備蓄」が望ましいようです。備蓄食には、保存が利いてすぐに食べられるようなものが良いでしょう。日本人ですから「お米」ですね。

お米は、こういった場合にも非常に理想的な食べ物です。ほかに、パスタといった乾麺、レトルト食品がいいでしょう。食べ物ですから、確実に「消費」出来ますので、お子様や、お年寄りと感染リスクの高い方と同居されている場合、備えておいて、決して、損ではないでしょう。

新型インフレンザが猛威を振るった場合、治療方法について、最新の知見が発表され次第、厚生労働省のホームページや記者会見などで広く情報提供し、国がとるべきしかるべき対応策について公表しますので、そちらを参照なさって下さい。
http://www.mhlw.go.jp/index.html

流星の絆」というTBSで放映されているドラマが、大変人気ですが、流星とインフルエンザを媒介する「ウイルス」とは深い関係があるようで、○流星群等、地球に降り注ぐ時は、大抵、強力なインフルエンザが蔓延するようです。1918~19年に猛威を振るった「スペイン風邪」。

Spanish_flu_hospital.png

死者は4000万~1億人に及び、当時の世界人口は8~12億人であったと言われているため、全人類の実に50%以上がスペインかぜに感染したことになり、これらの数値は感染症のみならず戦争や災害などすべてのヒトの死因の中でも、もっとも多くのヒトを短期間で死に至らしめた記録的なものとなっています。この時は「ハレー彗星」が地球に来ました・・・

この恐ろしいスペイン風邪は「弱毒性」だったのですが、今年のインフルエンザは「強毒性」だといわれており、更なる注意が必要です。更に悪い事に今年は「太陽活動」が低迷しています。太陽活動が低下すると、太陽から吹き出す「陽子」などの流れ(太陽風)が弱まり、遠く銀河からきた「宇宙線」がじゃまされず、地球に多く降り注ぎます。これもまた、突然変異したウイルスを生み出す土壌となっています。

銀河から来たと、ロマンチックな響きがありますが、人類にとって、ありがたくない、クリスマスプレゼントとなります(泣)とはいえ、何がしかのインフルエンザは確実にやってきますので「予防・食料備蓄」を今から初めて、その時に備える用意が必要です。何より、命、健康は得がたいものですから、十分過ぎる程、注意を払っても十分「おつり」がくるでしょうから。

QRコード
QRコード