かてなちお ― 「まもる」をテーマに生活情報から防犯情報まで紹介します。

Top > 閉塞感はいただけない

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。なんとも、騒がしい秋となっています。日経平均は25年ぶりの安値をつけ、バブル崩壊後よりも更に下。未曾有の経済危機の予感の中、政府は選挙前という最悪の時節。後手後手に回っています。もっとも、それだけではなく、彼等が優秀か否かという問題もありますが・・

忘れかけた頃、という言葉がありますが、またしても「食品問題」。敵は中国だけではなかったよいうですね?今時、地下水なんてもっとも危ない水を使うなんてね~擁護する気はありませんが、これもおしなべて「」でしょう。何でもかんでも”コスト”と叫ばれたら、そうせざる得ないのでしょう。冬に向かって、気候だけでなく寒い兆しです(悲)

別の食品問題も起きています。ここ数週間、食べ物を喉に詰まらせ、幼い子供が死亡に至っています。蒟蒻ゼリーはいい商品と思っていただけに、非常に残念なのですが、起こってしまうのですね。製造元は挫けず、更に改良したよい商品を我々に提供して頂けるよう願っております。

■ 窒息事故例の主な原因食品  消防調査(432例) 救命救急センター調査(371例)

1:もち 77例 91例 2:「ご飯(おにぎり含む)」 61例 28例
3:パン 47例 43例 4:粥 11例 11例
5:だんご 8例 15例 6:あめ 22例 6例
7:カップ入りゼリー 8例 3例

乳幼児は、臼歯がないため食べ物を細かく噛み砕く能力が未発達であり、また高齢者は嚥下機能が低下したり歯がぬけていると、噛みにくいことから、食べ物による窒息がおきやすそうです。気道が3~6 分間閉塞されると死亡することもあるそうです。

また、もちは、昔からよく喉に詰まる食べ物として知られていますが、ごはん、パン、粥にいたる穀類が最も多く、そしてあめやだんご、カップ入りゼリーなどの菓子類がつぎ、その他にも魚介類、果実類、肉類など、本当に幅広い食品が原因となっています。

因みに、こうした死亡は「食べ物の誤えんによる気道閉塞」に分類され、最近では毎年4 千名を超えています。皆様も意外と多いな、という印象ではないでしょうか?そこで、今回のかてなちおは、こうした気道閉塞を取り上げ、その対処法に触れていきたいと思います。

知っているようで知らない、もっともな例でしょう。食事という人間にとっての快感を阻害されたく、ありませんしね(笑)抜粋が多くなります、御赦しあれ☆

成人の健康な人にとっては当たり前に食べられる食品も、乳幼児や高齢者にとっては、食べ方を気をつけないと、命とりになり兼ねます。

乳幼児の場合

・誤って気管支に入りやすいピーナッツなどの豆類は3歳になるまでは食べさせない。急停車する可能性のある車や揺れる飛行機の中で は食べさせない。
・あおむけに寝た状態や、歩きながら、遊びながら、ものを食べさせない。
・食べ物を口に入れたままの会話、テレビを見ながらの食事はさせない。
・小さな食べ物を放りあげて口で受けるような食べ方をさせない。
・食事中に乳幼児をびっくりさせるようなことはしない。
・乳幼児に食べることを無理強いしない。
・ 年長の子どもが乳幼児に危険な食べ物を与えることがあるので注意する。
・嚥下障害をもつ障害児では食べ物による窒息がおこりやすく、十分な注意が必要である。

■高齢者の場合
・だ液の分泌も少なく、咀嚼機能が低下するので、以下のような食物形態について注意が必要。加熱してもやわらかくなりにくいもの(い かやたこ、きのこ類など)硬いもの(ナッツ類など)厚みのないもの(海苔やレタスなど)パサパサしたもの(パン、ふかし芋など)繊 維の強いもの(青菜類など)

となります。では、実際に喉を詰まらせた場合、どう対処すべきでしょうか。

■ 呼吸が止まっているとき

【まず口やノドの奥をみる】
①液体のときは、体を横向きにし、口を開きながら頭を下げると、口の外へ流れ出る。

atamasage1.jpg

②固形物のときは、親指と人さし指を口にあてて、交差するようにして口を開き、中をよく見てからかき出すようにして除く。むやみに指 を突っこむと異物をかえってノドの奥に押しこむことになる。

nodonooku2.jpg


【口やノドに異物の見えない時】
ノドの非常に奥の方や気管につまっている可能性が強く、非常事態です。最近、次のようなハイムリック法がよいといわれています。
(1)患者を後ろから抱くようにする。(2)右手のこぶしを上腹部にあて、左手で右手をつかみ、力強く、手前、上方にしめつける。

himurikku3.jpg
(3)こうすると気管の中の異物が飛び出すことがある。
 
乳幼児の場合は左図のように、体を抱いて頭を下げた形にし、背中をたたく。

youji4.jpg

■呼吸をしているとき
 
このときは、のみこんだものが食道にひっかかっていることが多く、たとえ気管の中に入っていてもピーナツのかけらなどは、すぐ呼吸が止まるわけではないので、あわてて素人療法をする必要はなく、そのまま病院へ運べば問題ないようです。

このように異物がノドにつまったときには「非常事態かどうかをよく見きわめ」て、処置をするこが大切です。何事もそうですが、判断が大事ですね。これから、年末年始に向けて、ノドを詰まらせる可能性が高い、食べ物を食する機会が増えます。是非、対処法を覚えておいて下さい。

そして、ご存知ない方には、是非、お伝え下さい。皆様の健康、生命を守り助ける一助になれば、幸いです。その上で美味しいものを沢山食べましょう!そして、太った頃にダイエットを取り上げますので(笑)効率いいですね~☆チャン・チャン

QRコード
QRコード