かてなちお ― 「まもる」をテーマに生活情報から防犯情報まで紹介します。

Top > 円と面でメタボ&冷え性対策

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。暑中お見舞いの時期、つまり、猛暑の最中。こう暑いと、冷たいものをついついとなりがちです。「ビールの喉越しが~」と、この時期ならでわの楽しみも多々あって、季節を味わう醍醐味です☆

エアコンを快適な温度に設定し、昼寝・・う~ん、贅沢ですね~しかし、快適さを求め過ぎると必ず「代償」が
やってきます(笑)一つは「冷え性」。どうも身体がいう事を効かず、水の中を歩くような重苦しい倦怠感を伴い
”やる気”が失せます。思ってるよりは問題の多い症状で、確実に健康を損ないます。

もう一つは「肥満」。人の身体は構造上、冷やすと、寒さに耐えるために、脂肪を蓄積しようとします。冬になる
と、若干太るのは自然な事で、人間だけでなく動物も夏と冬では体格が変わるのはご存知かと思います。本来「夏風邪・夏太り」といった症状は、反自然的な反応なんです。これも、健康を損なう大きな理由です。

肥満と冷房」には密接な関係があるようです。ダイキン工業が、全国の20代~50代の成人男女400人を対象に「夏の空気と健康に対する意識 ~メタボ編~」をテーマにしたアンケートを実施しました。メタボな人ほど冷房の設定温度を下げたがる傾向があることがわかりました。 確かに、太った人の車、家屋は「冷蔵?」と思える程、冷えている事がまま、あります(笑)

反対に冷え性の人にとって過度のエアコン程、辛いものもないようです。暑がりの方にとっは快適なようですが、どっちに基準を合わせるのか?職場や家庭によって事情は様々でしょうが、いい解決方法はあるのでしょうか?今回は冷房と、冷え性対策に有効な方法を、ご紹介致します。心身の状態を守れないと、何かと大変になりますしね(笑)

上のダイキン工業の調査は、今年4月から特定保険制度が施行され“メタボリックシンドローム元年”と言われる2008年。同社では“メタボだと思う人(以下、メタボな人)”と、“メタボではないと思う人(以下、非メタボな人)”の、空気に対する感じ方や、意識に違いがあるのかを把握することを目的に、本調査を実施されました。
 
調査結果では、耳で聞いた時に「暑い・涼しい」と感じる温度では、メタボな人と、非メタボな人において大きな差は見られませんでした。しかし「人よりも部屋の設定温度を下げたい気持ち」と「実際に設定する部屋の温度」に関して、大きな差がでました。

メタボな人のほうが、温度を下げたい願望が「強く」部屋の設定温度は「低い」傾向に。温度を下げたいと思うのは、メタボな人(51%)のほうが非メタボな人(31%)よりも多い。真夏の部屋の設定温度、メタボな人の最多は25℃(22%)、対する非メタボな人は28℃(29%)となっています。

太っている人は身体を冷やす事を好み、更に太っていく傾向にあります。個人的な体験からいえば「生き物」は夏を乗り切る体力が無くなった時、死を迎えるように思えます。お葬式は夏場が多いように思えますし、飼っていたペットが亡くなるのも夏場でした。日本で生活する事を思えば、夏に耐えうる身体造りが大事だと思えます。伝統的な「日本家屋」は夏向けに設計されていることからも、そのことがいえるのではないでしょうか。

一夕一朝には生活習慣は変えれないものです。目標を決めて、少しづつ室内温度を上げるとか、意図的に休みの日、日中、出掛けてみるなどして下さい。生き物というのは偉いもので、必ず適応していきます。それでも、ダメな方はどうすれば?

ショック療法”に近いですが、親族や親しい方に「太った?」と指摘されてみるのも一興でしょう。お腹の”にく”を摘まれてみる(笑)ショックですけど、これ程、効果的な方法はありません。冗談ではなく、愛する方の健康を守るために心を鬼にして(?)了承を取った上でやってみて下さい。強い、身体を造りましょう!!

花王が女性約1000人を対象に「夏冷え」を調査すると4割以上の方が実感なさっています。20~30代の方に多く「肩・おなか」の冷えが中心となっています。夏場は移動するだけで汗をかきます。室内にはエアコンがあり、急速に身体が冷えます。女性の場合、夏場は肩を出して、お腹周りが薄い衣服を着ているので、それが原因ではないでしょうか。

東京女子医大、川島郎さんは「湯たんぽなどで血流の多い太もも・おなか・腰を温めると効率がよい」と語ります。また、ツムラライフサイエンスは、39度の湯に15分間つかった場合と、42度の湯に3分間入った場合とで、温まり感の違いを調べています。入浴直後は42度の方が上半身がよく温まりましたが、20~30分と経過につれて足元から冷える事が分かりました。39度の方が、冷えるのが遅く、理由は「身体の芯」を温めているからとなっています。

最新のスポーツ科学では「インナーマッスル」筋肉の内側や、身体の幹となる””を鍛える運動が取り入れられています。体幹を強化する事で、より耐性に強く、地力が出せるからです。これと同じで身体の表面である皮膚を温めるより、内蔵等、身体を内側から温めるのが健康の秘訣であり、冷え性対策に最も有効といえます。インナーマッスルを鍛えるのは冷え性にも効果があります。要するに””がしっかりしていたら”枝”はどうとでもなる。全てに共通しますよね(笑)

温めると効果が上がるポイントをまとめると

首・二の腕・手首・お腹・腰・お尻(尾骨)・太もも・足首

となります。身体の幹と枝を温め、全身くまなくが最も効果があがります。とはいえ、女性がリストバンドは付けにくいと思われますので、マフラーや靴下の2枚重ね、腹巻のようなものが良いのではないでしょうか?

身体は””で捉えて””で循環すると東洋医学では説いています。首・手首・足首といった身体に”くぼ”がある箇所から反応が起こり、身体を循環する血液が冷え、身体の中心、心臓に戻り、お腹・腰といった芯に反応が出ます。冷え性の場合、露出”面”を守ってやる事が身体を”円”で守るという事になります。理に適った考え方といえますし、現にそうでしょうね。

防犯も、全く同じで面で防いで円で守る。どうも、守るという基本はこれに尽きるようです。”身体”は劇的に変化はしませんが”考え方”は劇的に変える事ができます。これも今思っている事を”面”で捉えて、思考を一巡させれば”円”になります。自ずと正しく佳き考え方なら、答えは○。

nihonkokki.jpg  

つまり、円です。人は本能的にそう捉えるものですし、特に日本人でしたら。どうして?それは「日本国旗」四角という””に日の丸の””が描かれているでしょう?お日様でもあるのですが、実はそういう意味なんですよね(笑)

fukki&joka.jpg

これこそ、以前ご紹介しましたが「水は方(四角)に従う」を表しています。また、四角をつくる道具「差金(直角定規)」と円を描く「コンパス」があれば、どんな建造物でも出来上がります。意味深でしょう?(笑)身体も同じで、健康の秘訣は面と円。う~ん人類は一家みたいになりましたね(笑)

QRコード
QRコード