かてなちお ― 「まもる」をテーマに生活情報から防犯情報まで紹介します。

Top > 緊急告知FMラジオ

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。先週の日本は異常事態の連続でした。秋葉原、無差別殺人事件に始まり、岩手・宮城内陸地震です。確か、兵庫・淡路大震災の年もオウム真理教による無差別殺人があったのですが・・・

どちらも、亡くなった方のご冥福を祈ります。秋葉原については、現代教育の歪んだ姿としか表現出来ませんね。加藤智大君は犠牲者だという気はさらさらありません。苦難を乗り越えていく処に、人生の醍醐味があり楽しみと理解すべき事を、諭してくれる人が周りにいなかった事が彼の不幸でしょうか?尤も「運命」は自分で選ぶものですが・・

こういう事件を”具体的”にどう防ぐか?は水掛け論になっています。歩行者天国でなかったら起きなかったという”すり替え”で楽になりたい人の発想です。警察は歩天禁止にしましたが、これは治安維持の限界、もしくは統制力の欠如を自ら自ら露呈したようなものですね。現警察機能の限界が見えたと認めたなら、体制変化を遂げて欲しいと思います。サミット大丈夫かな?(笑)

かてなちおでは、時折「防災」をテーマに色々、語ってきました。以下を参考にして頂ければ幸いです。

http://www.kannukiya.com/blog/articles/cat19/

岩手・宮城内陸地震では地滑りが起こり、地面が陥没し道路が寸断されるという事態になっています。そうした訳で復旧作業に欠かせない重機が運べず、手作業という手間のかかる仕事をなさっている消防・自衛隊の皆様には、頭が下がりますし、誠にご苦労様です!

地震の際の緊急放送にも様々な不具合が生じたようです。とくに先端の電子機器はライフラインの分断で使用出来なかったようです。わずか数十秒かも知れませんが、いち早く地震の告知を受けるか否かで、生死の分かれ目となるでしょう。今回、活躍したのが「緊急告知FMラジオ」です。

FMは、地域FM局の広がりと出力20㍗以下で半径数キロ圏内をカバ-でき、充電が利くので、ライフラインの分断に左右されずきめ細かい情報を”送り続け”れるからです。頼もしいですね☆

今回は、かなり優れた緊急告知FMラジオを取り上げたりと思います。そして、皆様の生命・財産を守るため、地震の備えにして頂きたいからです。おそらく今後、地震は頻発します。どうやら、地球が「収縮」に向かっているようです・・・

緊急告知FMラジオ」は災害時に地域FM局が出す特殊な電波信号で自動的にスイッチが入り、大音量で情報を流します。ライトも同時に点灯し、聴覚障害者も災害の発生を知る事が出来る仕組みになっています。充電式で停電時も使えるようになっています。また、防災行政無線の屋内受信機が一台、数万円なのに対し、このラジオは1台、8千円程度です。自治体によっては無料配布もしているようです。

kinkyukokutibosairadio.jpg

写真だと分かりにくいのですが、サイズは縦10cm程、横10数cmとデジカメくらいの大きさです。私も岩手・宮城内陸地震に関して、防災の話を拾っていたのですが、このラジオはかなりいいものだと思いました。皆さんご存知でしたか?手に入れるべきですね(笑)

このラジオが開発された経緯は、04年度岡山県倉敷市で台風被害が相次ぎ、2名の方が亡くなっています。市は避難勧告を防災行政無線で伝えましたが、屋内では聞こえにくく一部で伝達が遅れた反省から、倉敷市のケーブルTVとFMくらしきが共同で開発に乗り出したといいます。

地震、台風、火事、オヤジ」といえば、恐いものの表現ですが、災害の大きさの順序にもなっているように思えます。オヤジは最近弱い者の代表かも知れませんが(笑)ともかく、地鳴り、暴風雨の音といったら尋常ではありません。普段の生活の”常識”で図らない事です。ましてパニック状態ですから、なおの事です。こうした経験を元に作られたラジオですから、緊急時にも安心して使用出来るのではないでしょうか。

自然災害では、災害後の二次災害と行動が鍵を握ります。かてなちおでは「安住の地」で紹介しています。参考にして頂ければ幸いです。

http://www.kannukiya.com/blog/articles/2007/04/04.19-180000.html

防災について考える」を2006年9月4日にUPしていますが、ここで一番重要なのは被害を受けた個人の想像力が大事だと、話させて頂きました。平たくいえば「洞察力」です。

洞察:鋭い観察力で物事を見通すこと。見抜くこと

とあります。先の無差別殺人もスピードを上げて突っ込んでくる車は異様だと感じれるか?どうか?もう、安全な街中はないという意識を持たないと、いけない時代なのでしょう。室町期が、畑仕事に行くのに、刀を帯刀していたように・・悲しい話ですが被害に遭うのは自分です。そうならないよう、個々の意識を変えていく必要があります。寒い時代になりそうですね・・・

QRコード
QRコード