かてなちお ― 「まもる」をテーマに生活情報から防犯情報まで紹介します。

Top > 玉虫厨子は「和」をもって尊し・・・その①

皆様、ご機嫌如何ですか?閂屋の北野邦彦です。

玉虫厨子」は奈良県斑鳩町にある「法隆寺」金堂に安置されていた「厨子」でして、外装に「玉虫」の外殻を使う大変、独特な厨子で、飛鳥時代にはこうした、独特なモノが突然登場し、消えていきます。不思議ですが・・・

現在は、風雪に晒され「侘びた」色になっていますが、これを当時のカタチに復活させました。ここに描かれている仏教説話「施身飼虎図」と「捨身問偈図」を眺めていて太子の”想い”を感じてカテゴリー「歴史のはなし」の続きを書いてみたいと思います。

  takashimaya.jpg   b33.jpg

水と平和は空気のごとし」では”守る”という観点からは、相容れない思想であり、原点は聖徳太子だとして、終えました。

かてなちお:「水と平和は空気のごとし」

(聖徳太子については、以下を参照して下さい)wikipedia:聖徳太子

日本は「法治国家」です。”誰か”に”何か”をされた場合、個人で裁くのではなく「司法機関」を通じて””により裁いてもらいます。”目には目を”とはいかないわけです(笑)

最初に日本が法治国家となったのはいつからでしょうか?「飛鳥時代(西暦6~710)」推古12年4月3日に「十七条憲法」が聖徳太子の立案によって制定されました。現代の法律と違い、臣下達に心得を説いたりと道徳的な要素で制定されています。天皇に従い、仏法を敬うことを強調し天皇の権限を強化し、中央集権国家である当時の中国「」を見習い、作成されたといわれています。

 「仏教」の力を借りて教化すると同時に豪族の力を抑え、集権国家と、その後の歴史をみればそうみえるのですが、私は違うのではないか?と思えます。

何故なら「第一条第一項」つまり17条ある中で「一番」に書かれているのは、「和をもって尊きとなせ」だからです。二条が「篤く三法(仏教)を敬え」です。「三法を敬う事が和につうじる」とはなっていないので「」と「」は別物とわかります。第一条を、意訳して記すと

 「どのような事でも、皆でじっくり話し合えば必ず解決する。だからよく、話し合いなさい。絶対に争ってはならない

 と太子は説いています。日本人のほとんどの方なら賛同して頂けるのではないでしょうか?北朝鮮の拉致問題、諸外国で起こる事件、事故に、日本の方は”話し合って解決”と説くでしょうし、そうでない諸外国を”おかしい”と感じるのではないでしょうか?

また職場等の「」の内にいる方で”話し合いに応じない”順応しない方々を「和をみだす」と表現するのではないでしょうか?その烙印をおされたら社会的な抹殺が待っています。いい例が「無礼講だ~」といいつつ、本気でそれをやったら抹殺されませんか?(笑)

 何が言いたかったかといえば、現代の日本社会、進歩的文化人と自負する人達ですら、未だに太子の教えから逸脱していないないし、どうやら”出来ない”ようです。日本人なら・・・

要するに「話し合い至上主義/あらそいダメ主義」が日本人の定義であり、定義付けたのが聖徳太子となります。日本人社会で絶対に「守らなければいけない」約束事であり徳目です。

 どのような思想でも、受け入れる人達がいてこそ、成立するものであり、受け入れ拒否になった思想は残りません。私が決め付けているではなく、現状そうなっています。では「受け入れ拒否」となった例はあるのか?

和をもってと対比して頂ければ分かりやすいので”拒否例”を一つ挙げてみたいと思います。そうする事でより太子の思想が今日まで”残った”理由と、何故日本人が”守ろう”としているのかが明白になりますので。

奈良時代(710~794」の頃「南都六宗」のうち「法相宗」は「五性格別(ごしょうかくべつ)」を主張していました。人間の悟りに到る能力については生まれつき、五段階に分かれていて、悟る事ができない人もいるという主張です。

これに対し他宗は「一乗主」を掲げ、人間は誰でも悟れる素質を持っていると主張しました。一概にはいえませんが、多くの方の””を得れるとすれば一乗主義ではないでしょうか?

一乗の代表が「最澄」、法相の代表が「徳一」という僧ですが、現在、徳一の著書は失われ肖像画すら残っていません。”思想”が”受け入れられなかったからです。

この背景には「言霊(ことだま)」という「和」と同等の価値基準が日本人にはあります。簡単にいえば「言った事は実現する」です。つまり、悪い事を言えばその通りになるという事です。何故日本人が今日になっても、冷静に冷徹に現状を分析出来ないのか?を理解するには、非常に大事なのですが、また、いずれ・・・

「話し合いから争いをさける」が「和」の基本となります。では、どうして「話し合い」が最高の価値基準であり、日本人にとって”自然な姿”となったのでしょうか?長くなりますので、これはその②にて。

QRコード
QRコード