かてなちお ― 「まもる」をテーマに生活情報から防犯情報まで紹介します。

Top > スーツを着て楽々作業

皆様、ご機嫌如何ですか?
閂屋の北野邦彦です。今日は、夢のある化学の話を。

■ 農作業楽々 スーツ

身に着けて、農作業の負担を軽くする装着型ロボットスーツ東京農工大学院の遠山茂樹教授らが開発しました。

このスーツにより、人の負担が10KG程軽くなります。
間接部分8ヶ所にモーターがあり、人の動作をセンサー
が感知して同じように動いたり、プログラムされた
動きをしたり、様々な農作業を楽にする。

スーツ自体18KGある重さを8KGまで軽くし
4年後の商品化を目指し、価格は
「量産化すれば20万円程度」を見込む。

5fd9a126.jpg

如何ですか?これは、素晴らしいと素直に思いました!!
SF的なモノを感じれる装置、う~ん、欲しくなります☆
こうしたプロジェクトは各方面で進んでいるようです。

【パワードスーツ HAL-5 量産化へ - Engadget Japanese】
http://japanese.engadget.com/2006/10/29/cyberdyne-hal-5-mass-production/

【パワーアシストスーツ/アイデア商品/これも松下!?発見伝 | 松下電器「isM」】
http://panasonic.co.jp/ism/idea/10/

【動画: 米軍/Sarcosの外骨格パワードスーツ - Engadget Japanese】
http://japanese.engadget.com/2007/11/25/sarcos-exoskeleton/

【ヒトの限界を超えろ!! 脚力・腕力・持久力 3拍子揃った米軍パワードスーツ | ネット | マイコミジャーナル】
http://journal.mycom.co.jp/news/2001/01/24/13.html

「スーツ」という響きにロバート・A・ハイライン原作
「宇宙の戦士/パワード・スーツ」このアイデアを基に
した「機動戦士ガンダム/モビル・スーツ」を連想せずに
はいられません。琴線に触れる世代なんで(笑)

今後益々、高齢化が進む日本社会では「ロボット」の開発
が必要不可欠となってくるでしょう。おまけに「少子高齢化社会」の到来です。

日本の「農業漁業就労年齢」の平均は”65歳”という深刻な事実があります。この現実を放置したまま時間が進めば日本の「」は壊滅するでしょう。評論家の方は現場の現実を見つめた上で語っているのでしょうか?私は、そうは思えないのですが・・・

高齢の方々の負担を減らし「3K」を嫌う世代にもこうした「装置」で作業が楽になるのであれば、いくらかの希望も持てるように思えます。

それだけではなく、身体に故障を抱えてらっしゃる方少なくとも車椅子生活までの方には、かなりの恩恵を与えうると想像します。

”人間らしさ”を維持する事で、精神の健全性を保ち人の尊厳を「守れる」のではないでしょうか?
」と「」が揃ってこその生活であり「衣食足りて礼節」という社会不安を取り除く基本があり、自他をかえりみる余裕が本当の「尊厳」の基礎です。この「スーツ」が社会の基礎を支える一助になるのであれば、誠に素晴らしいと思っています。

ちょっと硬くなりましたが(笑)

些か「難」があるとすれば、ラララ~ラィ~が足りなくなる事。エクササイ~ズです(笑)

不思議と脳力と筋力は「才能」に関係なく鍛えれば鍛える程「強く」なるのは医学的に証明されています。

「和洋折衷」という「足して二で割る」が得意な日本人。これによる問題もありますが、装置と自身を鍛える事の折衷がよろしいのでは?

それに死ぬまで身体と脳は「動いて」いていますし、最高の「装置」を我々は「装着」しています。こっちをもっと鍛えましょうね。ラララ~ラィ~☆

QRコード
QRコード