かてなちお ― 「まもる」をテーマに生活情報から防犯情報まで紹介します。

Top > 初心忘れるべからず
こんにちは。
閂屋スタッフの長谷川あゆみです。

今日、1月10日は「110番の日」
年明けの一発目の紙面をにぎわせたのは、
『交通事故死者が54年ぶりに5000人台に』
というものでしたね。

死者が減ったというのは
非常に喜ばしいことなのですが、
その要因について詳しい報道がされないのは
どうしてなんでしょうか?
2007年の全国の交通事故死者数が5743人で
54年ぶりに5000人台になったという発表は
警視庁からされたものでした。

その要因としてあげられたのは、
飲酒運転の罰則やシートベルト着用の強化でした。

でも私はなんだか、これに疑問を感じています。
それだけじゃないんじゃ…と思うのです。

ここ数年で大きく変わったのは、
医療の発達や車の構造だと思うのです。

医療の発達や救命救急士さんによって
救われた命は少なくないはずです。

車の構造においては、
今では標準装備となった、エアバック、ABSや
衝突安全ボディのおかげで
本来なら死に至るような事故でも
負傷ですんでいるケースも多いと思います。

もう少し、車メーカーが評価されても
いいんじゃないかなぁ。

ま、たしかにシートベルトの着用なくしては、
車の構造が良くなったとはいえ、
安全装置が正しく作動しても
運転手や同乗者の安全は保たれません。

飲酒運転などは、もってのほか!
飲んだら乗るなです。

私たちドライバーは、凶器に乗っている自覚を
忘れずに安全なドライブを心がけましょう!

QRコード
QRコード