かてなちお ― 「まもる」をテーマに生活情報から防犯情報まで紹介します。

Top > 湯たんぽで暖を!
みなさん、こんにちは。
閂屋スタッフの長谷川あゆみです。

ストーブの恋しい季節になりました。
でも、うちのストーブは石油ストーブ。
石油価格の高騰で家計を直撃しそうで
なかなかつける勇気がでません★

暖房器具は家庭によって様々ですが、
省エネやエコといった観点で見直されている
昔ながらの暖房グッズが脚光をあびています。

「湯たんぽ」を使ったことがありますか?
私はその存在を知っていても
使ったことはありません。
「なつかしいなぁ」と思われるのは
どの世代なのでしょうか?(苦笑)

それはさておき、この「湯たんぽ」
今では数年前の2倍の売り上げになって
百貨店でもフェアーを開くまでの人気者です。

以前は年配の女性が買われていたようですが、
最近では20代の女性も買ってくそうです。
省エネというのはもちろん、
空気が乾燥しないという点がうけているみたいです。

たしかに暖房器具って、どれも空気が乾燥しますよね。
乾燥ってシワの元になるから、
女性にとっては大敵です!
ということで、かどうかは分かりませんが、
オフィスで使う女性もいるそうです。

今では種類もたくさんあるんです。
昔ながらの金属製や陶器のほかに、
塩化ビニル樹脂やウエットスーツ素材を使った
柔らかいタイプもあります。
形もハート型やぬいぐるみまで豊富です。

  051215_00s.jpg

なかにはペットボトルを再利用する方も
おられるそうですが、これは要注意。
ペットボトルの素材は熱に強くはありません。
ホット専用ボトルならまだしも
普通のペットボトルは熱湯を入れると
変形してしまいます。
熱湯がもれて火傷するおそれがあります。
節約という点ではいいのですが、
充分な注意が必要です。


しかし、石油価格の高騰には頭が痛いですが、
それによって生活を工夫するような風潮が
高まってきているようにも思えます。
今まで贅沢に使っていた資源を
見つめ直すいい機会かもしれませんね。

QRコード
QRコード