かてなちお ― 「まもる」をテーマに生活情報から防犯情報まで紹介します。

Top > 夏の終わりに要注意!
みなさん、こんにちは。
閂屋スタッフの長谷川あゆみです。

暑さ寒さも彼岸まで。
早いもので、来週はもう10月ですね。
本当に秋はくるのでしょうか?
ま、止まない雨はないですし、
終わらない夏もないでしょう。

このところ、私の周りは夏風邪が流行っています。
急に熱が出て、寝込んでしまう方がチラホラ。
風邪の流行といって思い出すのはインフルエンザ。
しかし、夏にインフルエンザが流行するとは
思えないし…何なんでしょうか?
「冬にひく風邪」「夏にひく風邪」
どちらも免疫力が低下した身体に、
ウイルスが侵入して感染するのは変わりありません。
違うのは原因となるウイルスの種類なんです。

冬にお目見えするインフルエンザは
低温で乾燥を好むのですが、
夏風邪の原因ウイルスは
「アデノウイルス」「エンテロウイルス」
という高温で多湿を好むウイルスです。

夏風邪の症状は、37.5℃程度の微熱、頭痛、
のどの痛み、下痢、倦怠感などがあります。
症状としては穏やかなのですが、
長引く傾向があります。

そして、子どもやお年寄りなど抵抗力が弱い人ほど
かかりやすく、放っておくと肺炎や髄膜炎を
引き起こすこともあるのです。
夏風邪は長引くといいますが、
4日以上風邪の症状が続く場合は
病院へ行くことをお勧めします。

あと、感染の経路も夏と冬では違います。
インフルエンザは飛沫感染といって
空気中に飛び出したウイルスを
吸ってしまうことで感染します。
しかし、夏風邪は経口感染で
食物・飲料水、あるいは汚れた手を介して感染します。
だから夏風邪は家族の誰かがかかると
一家全滅になったりするんですね。
夏風邪をひいたお母さんは
お料理もお休みする方がいいのかも…。

夏の暑さは体力を消耗しますので
免疫力が低下しています。
だから夏が終わりかけている今が
一番風邪をひきやすい状態だとも言えます。

楽しい味覚の秋を満喫するためにも
休日はゆっくりとお過ごしください!
QRコード
QRコード