かてなちお ― 「まもる」をテーマに生活情報から防犯情報まで紹介します。

Top > 風の力
みなさん、こんにちは。
閂屋スタッフの長谷川あゆみです。

海の日の三連休は日本列島が
災害に見舞われました。

台風4号の列島縦断が終わったかと思えば、
長野で震度6強という大きな地震が起きました。

心が痛くなる連休になってしまいました。

今回の台風4号は、沖縄本島を
3年ぶりに直撃した「異常4号」と言われるほど
勢力の大きな台風でした。

7月としては観測史上最大の56.3メートルの
最大瞬間風速を観測したそうです。

この風で窓ガラスが割れてケガをされた方も
いらっしゃったようです。

台風で窓が割れると、こんな状態になります。
窓ガラス2.jpg 窓ガラス.jpg
かなり凄まじいものがあります。


窓ガラスが割れるほどの風の力というものが、
どれだけ強力なのか計算してみました。

風速と風圧との関係は、
「風圧が風速の2乗に比例している」
ことがわかっています。

たとえば、風速が10メートルのとき、
受ける風の力、つまり「風圧」
およそ5キログラム。

風速が2倍の20メートルになると、
風圧は2倍の10キログラムではなく、
4倍の20キログラムになります。
同じように、風速が3倍になれば、
風圧は9倍の90キログラムになるという関係です。

では、風速56.3メートルならば、
驚くことに、風圧は約160キログラムになるのです。

これだけの力が加われば、窓ガラスなんて
ひとたまりもありません。

そこで私は思ったのです。
窓ガラスに「セキュリティフィルム」を貼れば、
ガラスの飛散がなくなって
もしものときに有効だな、と。

防犯ということで生まれた
「セキュリティフィルム」ですが、
防災の観点でも充分に威力を発揮してくれそうです。

これからおきる台風は、
どうやら巨大化する傾向にあるようです。
そのお話はまた次回にでも。
QRコード
QRコード