かてなちお ― 「まもる」をテーマに生活情報から防犯情報まで紹介します。

Top > 五月の病
みなさん、こんにちは。
閂屋スタッフの長谷川あゆみです。

風さわやかな5月になりましたね。
新緑の緑が目にまばゆく、気分もソーカイ♪
…な人はいいんですけど。

この時期、「五月病」っていう言葉を
よく耳にしますね。
ゴールデンウイークが終わって
リフレッシュしたはずなのに
何となく気分が優れずに勉強や仕事に
身が入らないという人がいるようです。
「五月病」といっても、医学用語ではありません。
決まった概念や定義があるわけではないのです。     
これは、元々、大学入学後の学生が、
ゴールデンウイークの後くらいから
無気力な状態になる事からついた病名です。
何も5月に限らず、また学生だけではなく、
社会人にも子どもさんにも見られるものです。

新しい環境の変化についていけず、
知らず知らずのうちに自分の殻の中に
閉じこもりがちになる「心のスランプ」です。

新しい環境になって「頑張るぞ!」と
気合いを入れすぎてしまっては
心も体も疲れてしまいます。
疲れを感じたら、無理をせずに休むことです。
好きなことをしたり、のんびりしましょう!
何事も焦りは禁物です。

また、家族や友人で元気がなくなったり、
ふさぎこんでいる人がると、
「怠けている」「根性がない」などど叱ったり、
「頑張れ」と励ましたりしがちです。
ところが、これはかえって逆効果です。
たかが五月病とはいえ、
うつ病につながるおそれも潜んでいます。
「分かっているのにできない」という
本人の辛さを受け止めてあげてください。
「何か困ったことがあったら、いつでも言ってね」
と、そっと声をかけてあげましょう。


私の場合は毎朝起きるのがギリギリで
「仕事に行きたくないなぁ~」
などと考える時間もありません★
会社の玄関で
「あ、今日も来ちゃった…」
と、愕然となってあきらめるだけです。
これも案外いい方法だったりして…(苦笑)。

まぁ、爽やかな風を感じながら
のんびり気負わずにいきましょ~♪
なんとかなるさ~♪
五月病とは無縁の長谷川でした(笑)。
QRコード
QRコード