かてなちお ― 「まもる」をテーマに生活情報から防犯情報まで紹介します。

Top > 地球に優しい大掃除
みなさん、こんにちは。
閂屋スタッフの長谷川あゆみです。

さて、明日からお正月休みという人。
今年一年、お疲れさまでした。
と、いうのはまだ早い!

まだ、大掃除が残っているじゃないですか。
本当は夏のうちにやっておくのが
汚れが取れやすくてオススメなのです。
でも、今まで放っておいたのなら仕方がない。
チャッチャッとやってしまいましょう!

そこで、用意していただくのは、
   お酢
   重曹
   クエン酸
   歯磨き粉
これがあれば、どこもかしこもピッカピカー☆☆☆

さあ、今年からは
地球とからだに優しいお掃除を始めましょう!

まずは、汚れにはどんなものがあるのか。

1.ホコリ汚れ…屋外から飛んでくる「土ホコリ」
                       家の中の布団やカーテン、
                       また衣類から出てくる「綿ホコリ」の2種類。
2.アブラ汚れ…主にキッチンまわりの食用油による汚れ。
                       電気のスイッチ、コンセント、電話機など
                       手の触れるところにできる皮脂汚れ。
                       ベタベタしているのが特徴。
3.水アカ汚れ…主に水周りにできる汚れ。
                       洗面所やお風呂場、トイレなどで
                       石けんや尿と組み合わさり、
                       ガチガチに「石化」すると厄介。
                       ヌルヌルしているのが特徴。
このように3つに大別されるのですが、
それぞれに弱点があります。
それを知って攻撃すると簡単に退治できちゃうんです。

1.ホコリ汚れ → 汚れとしては、カワイイもの。
                           水拭きでキレイになります。
                           ただし、まめにしていないと
                           2,3と合体して落ちにくくなります。
2.アブラ汚れ →  酸性の性質なのでアルカリに弱い。
                           これには弱アルカリ性の重曹が有効。
3.水アカ汚れ →  アルカリ性の性質なので酸に弱い。
                            弱酸性のお酢やクエン酸が有効。

では、どうやって使うのか。
水拭きはおわかりですよね。

重曹とクエン酸はお湯(60度以上だとパワー全開)
に溶かして、そこで雑巾を浸して絞る。
軽い汚れは、これで拭いてしまえばOK!
拭くだけでは落ちないしつこい汚れには、
これをスプレーしたり塗布してから数分おいて、
たわしや古歯ブラシでこする。
あとは、汚れを拭き取るだけ。

さて、ひとつだけ残された歯磨き粉。
これは何に使うのかというと…
ステンレス、鏡や銀製品などの輝きをよみがえらせます。
乾いた布に歯磨き粉をほんの少しつけて
ピカピカに磨きあげましょう!
これは粒子が細かいのでキズがつかないんです。
高級時計やアクセサリーなんかにもいいんですよ!

さぁ、一年の締めくくりは大掃除で
家中ピカピカ☆

ちなみに、次回のかてなちおは、ナントお正月!
でも、いつもとかわらずにアップします。
では、また来年にお会いしましょう♪ 
QRコード
QRコード