かてなちお ― 「まもる」をテーマに生活情報から防犯情報まで紹介します。

Top > 電池式閂屋に改名?!

こんにちは。
閂屋の長谷川あゆみです。

みなさん、お盆休みはいかがでしたか?
リフレッシュできましたか?
反対にお疲れの方もいることでしょう。
でも、今週からは平常どおり。。。という方がほとんどでは。

さぁ~!ネジを巻いてがんばりましょう♪♪


さて、私は閂屋のスタッフです。
閂屋の正式名称は「電氣式閂屋」ですが、
扱っている鍵の特徴からすれば、
本当は「電池式閂屋」なのです。
.....ボス、すいません(笑)。

電子錠とひと言でいっても、
各社メーカーの電気の補充方式は様々です。
では、閂屋ではどうして電池式のモノだけを
扱っているのか?
それは、もちろんメリットが多いからなんです。

では、閂屋がセレクトした
電池式電子錠のメリットをあげていきましょう!

 

その1
施工費用が安く済むこと。


AC電源式の電子錠だと、
配線工事をしなくてはいけません。
それって工事費がかさむうえに、
時間も結構かかります。
でも、電池式ならドアに取り付けるだけでOK!
後付けができますから、今、お使いのドアに
ほぼ問題なく付けられます。

まぁ、うちのボスにかかれば1時間もかからないで
施工が終わってしまいます。

もちろん、ドアに傷を付けないタイプのものも
ありますので、賃貸住宅でもご安心を!


その2
電気代が安いこと。


意外な落とし穴があるのですが、
AC電源式の電子錠は、24時間電源が入りっぱなし。
待機電力カットで省エネなんてしていたら、
鍵の役目は果たせません。
でも、電池式だと、その費用は
単3型リチウム乾電池を4本分。
これで約1年の利用が可能です。
それに、電池の交換時期がきたら
おしらせ機能がありますから心配無用です。


その3
災害のときも大丈夫。


災害時にライフラインがストップしたら.....。
つまり電気の供給も無くなる訳です。
そうしたら、AC電源式の電子錠はどうなるのか。
想像すると、ちょっと怖いかも。
でも、電池式なら関係ないですよね。
電池さえ消耗していなければ問題ナシ。

それに、閂屋で扱っている電子錠なら、
もしも電池が無くなっていたとしても大丈夫。
非常キーがありますので、二重に安心です!
さらにお抜け目がないといいますか、
外部から電池で充電できる端子付きの機種もあるんです!
それなら、はなまる、文句なし!!


さっすが~ボス!お目が高い!
いっそのコト、「電池式閂屋」に改名してみますかぁ~♪
 
…んっ、なに?ネジが足りない?
それって、もしかして、私のことですか?(笑)

 

QRコード
QRコード